2020年05月26日

【焦点】 大量返品を危惧 コロナで追いうちの中小出版社=橋詰雅博

 人口減、書店の激減、消費税率10%の値上げによる出版不況は、コロナ禍で既存の書店の臨時休業や営業時間の短縮でより深刻になっている。コロナで追いうちをかけられた出版社は、どんな状況なのだろうか。
 所属する団体のアンケート調査に応じた中小出版社10数社の回答の集計表では、リモートワークを実施している社は70〜80%。売り上げは前年同期比(3月と4月の2カ月間)で30〜50%減だ。手元資金でどのくらい経営を維持できるのかの問いに対して3カ月が最も多い。つまり6月以降、経営危機に陥るというわけだ。印刷物が事業の中心である会社は打撃が大きい。
 この団体の世話役は「イベントのチラシや旅行関係のフリーペーパーなどの仕事がなくなったからです。開店休業¥態と言っても過言ではありません」と話す。ほとんどの会社は持続化給付金など公的資金を受ける申し込みを済ませている。これによってなんとか危機を乗り切ろうとしている。
 ある出版社の幹部社員はこうつぶやく。
「取次会社から書店への配本にブレーキをかける要請はなかった。5月分の返品はこらからですが、大量に戻ってくるのではと心配です。恐怖を感じています」
 中小出版社がバタバタ潰れたら、日本の出版文化は先細る。
橋詰雅博
posted by JCJ at 10:58 | 焦点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする