2020年07月12日

【今週の風考計】7.12─大雨が続く中、一輪のバラとダンディと宮沢賢治

この1週間、降り続いた雨が小止みとなり、家の周りの花々を見てきてほしいと妻にせっつかれ、重い腰をあげた。
 まずはベランダの手すりにかけたプランターを眺めると、アイビーゼラニウムが赤や白の房状の花を元気に広げている。枯れた花殻を摘み取る。レトリスに絡む朝顔は紫の大輪を、誇らしく5つも葉の陰から浮かびあがらせている。

庭に下りてバラに目を凝らせば、バラの若い葉裏に黒い1センチほどのシャクトリムシが付いている。コンチクショウとつぶやきながら、ワリバシで摘まんではサンダルの足で踏みつぶす。
 これは「ヨトウガ」の幼虫で、新芽は食いつぶし、蕾だって中を通り抜けながら食べるので、花が咲くと穴が等間隔に開いて、無残な姿になっている。頭にくる。
3年前に河津町のバガテル・バラ園で購入した「伊豆の踊り子」が、輝くような黄色の花弁を開く。ピンクの大輪「プリンセス・ドゥ・モナコ」や名前は忘れたが白いバラも開花している。ベゴニアやマリーゴールドも色鮮やかだ。
 小さな鉢に植えた赤いミニバラの中から、一輪の花が咲く一枝をハサミで切り、部屋に戻って備前焼の小さな一輪挿しの花瓶に投げ入れる。テレビ台の前の床には、これまた紫色のちっこい花をつけたセントポーリアの鉢がある。やっと腰を下ろし、テーブルの上に広げた朝刊のまわりが、いやに明るく見える。

さて紙面に目を通しながら聴く今日のCDは、ヴァンサン・ダンディ「フランスの山人の歌による交響曲」OP 25、デュトワ指揮・モントリオール交響楽団(DECCA430 278-2)である。コロナ禍の中、毎朝、適当に選んでクラシックを聴く。
 ダンディが毎年夏を過ごした、フランス中部山岳地方セヴェンヌの山々を望む土地ペリエで耳にした牧歌が、主題に充てられている交響曲。35歳の時に作った独奏ピアノが入る珍しい曲だ。ホルンやフルートなど管楽器が多彩に使われ、さわやかなメロディが心地よい。
どこかで聞き覚えのあるメロディ、気になって調べてみると、4年前に亡くなった富田勲の「イーハトーヴ交響曲」(DENON COGO62)、まさに宮沢賢治へのオマージュの中で、多く使われているのが分かった。
 筆者には「フランスの山人の歌による交響曲」の第3楽章が、とりわけ印象に残っているので、「イーハトーヴ交響曲」にある、宮沢賢治作詞・作曲の<剣舞/星めぐりの歌>を聞くと、オオそっくりだと声が出てしまう。

それにしても宮沢賢治という作家は多才である。自ら楽曲づくりも手掛け、作詞は25曲以上、うち8つは作曲もしているとは驚きだ。ダンディの交響曲だって聞いていたに違いない。富田勲の「イーハトーヴ交響曲」には、宮沢賢治の作詞・作曲が3つ入っている。聴いてほしい。
 さらに付け加えれば、賢治は旅好きだった。梯久美子『サガレン』(KADOKAWA) は、宮沢賢治が亡き妹トシの魂を探して、サハリン(樺太)を旅する姿を丁寧に追っている。(2020/7/12)
posted by JCJ at 08:52 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする