2020年07月21日

【おすすめ本】伊東順子『韓国 現地からの報告 セウォル号事件から文在寅政権まで』─いっさいの偏見を捨てて、韓国社会のリアルな姿に深く迫る=洪 相鉉(ソウル在住ジャーナリスト)

 本書の著者は、韓国語だけでなく、韓国の政治ㆍ経済ㆍ社会ㆍ文化に対する幅広い知識を兼ね備え、かつ長年にわたって韓国各地にあるネットワークまでも活用し、充実したルポルタージュを完成させた。
 本書の始まりが2014年4月のセウォル号事件であることは意味深い。リーマンㆍショック以後、急速なグローバル化の渦に巻き込まれた韓国社会は、非正規の船員を雇用し、船の安全点検すら外部委託し、コスト削減への暴走を続けてきた。
 ところが春のある日、324人の高校生を乗せて済州に向かっていたセウォル号が珍島郡の海上で沈没したこの事故は、結局、韓国社会の暴走に歯止めをかけた事件であると同時に、光化門のロウソク集会と朴槿恵政権の退陣、そして文在寅政権の成立まで続く「1987年以降最大の激変期」の始まりだった。

 さらに「異邦人」の著者が、韓国で生まれ育ち、教育を受け、今の社会の主流となっている40代50代の韓国人以上に、韓国社会に対する認識の深さと思考の地平を示していることだ。
 いま韓国の現状は、産業化世代と民主化世代に象徴される保守ㆍ革新の対立を超えて、新しい時代を切り開くための陣痛期にある。
 最も自信に満ちていながらも、最も不安定に見える今日の韓国ㆍ韓国人を理解することは重要である。 こうした目的に本書ほど、有用な本が他にあるだろうか。
 韓国と日本が共生する未来を築く上で、現実を認識することから始めるためにも、本書は日韓双方の必読書にならなければならない。(ちくま新書880円)
「韓国  現地からの報告」.jpg
posted by JCJ at 15:00 | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【支部リポート】 北海道 2年ぶり 総会を開催 例会活性化などを提起=山田寿彦

北海道支部総会 (002).JPG
北海道支部は6月13日、2020年度総会を札幌市内で開き、今年度の活動方針案、予算案などを決めた(写真)。総会開催は2年ぶり。代表委員に林秀起(朝日新聞OB、再任)と高田正基(北海道新聞OB、新任)、事務局長に山田寿彦・毎日新聞OBを選出し、この間の活動の停滞と支部立て直しに向けて意見交換した。
 18〜19年度の総括として、歴史修正主義との闘いを継続している「植村裁判」への会員個々の支援を通してさまざまな市民運動との連携・協力関係を構築できたことを評価。一方で、昨年7月の参院選の際、安倍首相の札幌市内での街頭演説にヤジを飛ばした市民が警察権力に排除された問題に「支部として機敏に対応できなかった」点を「痛恨の反省事」とした。
支部主催の活動として望月衣塑子・東京新聞記者講演会、野田正彰氏講演会「優生手術の推進者は誰か〜大学精神科が犯した罪」、沖縄への公募記者派遣と報告会の取り組みなどを挙げた。
 今年度の活動方針に「例会の活性化、他組織との連携強化」「事務局体制・情報発信の強化」「財政基盤の確立」を掲げた。
 例会活性化については「市民の注目を集める講演会やシンポジウムだけではなく、会員や読者が講師にもなる気楽な勉強会や懇談会」を積極的に企画していくことを盛り込んだ。
 新型コロナウイルスの感染防止のため、多くの参加者を集める従来型のイベント開催は札幌においても極めて困難になっている。こうした状況下での効果的な情報発信のためにはホームページやSNSの活用、イベントを「やりっぱなし」にするのではなく、デジタルコンテンツとしてのデータベース化にも取り組まなければならない。
機関紙も一件一件の封筒詰めと郵送というアナログ作業の軽減化を図り、可能な限りPDF送信に切り替える必要がある。「パソコンは苦手だから」では済まされない環境がコロナ禍により加速度的に深化しそうな現実を見据えなければ、JCJの活動は停滞を免れない。そんな危機感を共有する総会となった。
山田寿彦
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2020年6月25日号

posted by JCJ at 01:00 | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする