2021年01月01日

2020年日本と世界のスポーツ回顧2=大野晃

[日本スポーツの特徴]
1、20年東京五輪・パラリンピックの1年延期で膨れる経費など難問続出

 ◎開催延期で、施設の確保などに、ホストタウンを含め、各地で問題が噴出し、延期しても同じコースで行われる予定の聖火リレーにも影響が出ている。
◎東京五輪・パラリンピックの追加経費は、2940億円に上り、東京都が1200億円、国が710億円、大会組織委員会が1030億円を負担することになった。会場施設の追加利用料や人件費など延期経費が1980億円、新型コロナウイルス感染症対策費が960億円で、大会経費の総額は延期前の1兆3500億円から1兆6440億円に増えた。コロナ対策費は都と国で原則2分の1ずつとした。
大会時の感染症対策センターと検査体制整備は国が全額持つ。
組織委は予備費として計上していた270億円を投入し、保険の収入500億円を充て、残りはスポンサーの追加拠出などを見込む。
国が負担するホストタウンへの補助など400億円は直接運営に関わる大会経費から外し、暑さ対策や道路整備などと同じく関連経費扱いとした。大会関連経費を含めれば、3兆円を超えると試算される。
◎代表や代表候補の競技者たちは、国立トレーニングセンターが一時使用できなくなって、練習場を制限され、自宅でのトレーニングなど工夫し、ファンとの通信を通じて、懸命な努力を続けた。

2、バスケットボールも公営ギャンブルに
◎批判の多いサッカーくじの対象にバスケットボールのBリーグを加え、単一試合くじを盛り込んだ法改訂が決まった。
コロナ禍でプロ競技の経営難の中で、公営ギャンブル化が強まった。

3、大坂なおみが人種差別抗議の意志を示しながら全米オープン2回目の優勝
◎テニスの全米オープン女子シングルスで大坂なおみ(22歳)が2年ぶり2回目の優勝を果たした。4大大会での勝利は2019年全豪オープン以来で通算3勝目。
◎大坂は、1回戦から試合の入場時などに、差別を受けた黒人被害者の名前を入れた黒色のマスクを着け、人種差別撤廃へのメッセージを発信し続けた。黒人差別への抗議行動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ)」への支持を呼び掛け、「私はアスリートである前に黒人女性」と、競技者の社会的使命の重要性を体現した。

4、プロ野球は観客制限で大幅な観客減
◎プロ野球は、約3カ月遅れの6月19日に無観客で開幕し、その後、5000人から、球場定員の50%までの観客制限で、約140日間で120試合をこなした。
セ・リーグは、巨人が2年連続38回目の優勝を飾ったが、総観客数は275万4626人で、前年より約8割の大幅減となった。
◎パ・リーグは、ソフトバンクが3年ぶり19回目の優勝を果たした。
優勝を競り合ったロッテは、終盤に感染者が出て戦力ダウンしたことが響いた。総観客数は206万8952人で、過去最多だった昨季の1166万9891人から激減した。
◎日本シリーズは、ソフトバンクが巨人に初戦から無傷の4連勝で、4年連続11回目の優勝を飾った。
◎労組日本プロ野球選手会は2020年度の年俸調査結果(出来高分を除く)で12球団の支配下登録選手727人の平均年俸が4189万円となったと発表した。前年度比204万円増で1980年の調査開始以来の最高額となり、初めて4000万円台に到達した。しかし、観客減などで、全体のダウンは避けられなくなった。(→続きを読む)

(→続きを読む)
posted by JCJ at 01:00 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする