2021年08月11日

【事件】愛知リコール不思議 「不自由展その後」余聞=加藤剛

愛知.jpg

 2019年の国際芸術祭・愛知トリエンナーレは主催者に愛知県と名古屋市が中核団体として加わり、代表が大村知事、代表代行が河村市長と言う体制でスタートした。

知事、市長なぜ対立
 ところが芸術祭の一部「表現の不自由展・その後」の展示作品(平和の少女像など)にネットで非難が出始め代表代行の河村氏が2日目に展示を見てその場で突如反対を叫び紛糾した。
 主催者の代表代行が展示を見て驚き代表に抗議するということは普通にはあり得ないことだ。前日に大阪市の松井市長から河村市長に展示のことで電話があったと言うから、その電話が重要な役割を果たしたのではないだろうか。

言いだしっぺは誰?
 大村愛知県知事へのリコール運動はクリニック院長の高須克哉氏が代表格で会長、河村市長が有力な応援団員という2人3脚の形で始まった。
ところが署名の不正・偽造が云々されるようになると、高須会長は「リコールをしようと思うが手伝ってくれるかという話が河村市長からあり、それが始まりだ」と言うようになった。一方河村氏は「高須さんからリコールの話があり、私は応援隊だ」と真っ向対立、怒った高須氏はメディア上で「もう河村氏とは絶交だ」と宣言、「この指とまれ」と言い出したのは誰か、今も謎となっている。

 目の敵にも順位?
 一昨年の「言論の不自由展・その後」では、展示作品への抗議は「平和の少女像」に集中、河村市長も少女像を目の敵にしていた。当時の「嫌韓ブーム」に背中を押されたかもしれない。
 一方、半年後の大村知事リコール運動では「天皇陛下の写真を燃やす作品に分担金を出せという大村知事はやめてチョウ」というのが謳い文句となった。その方が署名を取りやすいという判断があったのだろう。
 
 大宣伝、署名伸びず
リコール運動には百田直樹氏やデビ夫人ら著名人が応援に加わりメディアへの露出は派手だった。実際の活動はコツコツと署名を集める受任者たちに依存するが、その受任者の数が十分確保されなかったようで、私の周辺では署名したという話は皆無に近かった。街頭署名も実際に動くのは河村系地域政党「減税日本」や「維新」、「日本第一党」などの関係者が中心だった。
 昨年秋の締め切り直前に提出された署名は43万2千余人で必要数86万6千に程遠くリコールは不成立となった
 
 偽造決断、真相は?
普通ならそれで幕となるのだが選管の調査で集まった署名のうち36万人分(83%)が不正・無効と分かりアルバイトによる名簿の書き写し、一人で何人分もの拇印押しも判明、運動を取り仕切った田中孝博事務局長(元維新県議)らが地方自治法違反で逮捕、送検された。
田中事務局長は自白を拒んでおり法廷で真相がどこまで判明するか注目される。

 崩壊した「完全犯罪」
 この間のツイッターなどSNSをまとめた人のリポートによるとリコール運動に共鳴し署名集めに協力した人たちの中には集まった署名に「おかしいぞ」と疑念を抱く人が何人もおり中には「スパイの仕業ではないか」と疑い不正署名の束を抜き取って隠し、高須会長から窃盗の罪で告発された人もいたという。このため「不成立」なら団体にそのまま返還されるはずの署名が選管の管理下に置かれ選管の告発で警察の出番となった。団体の内部では、「不成立でも43万人以上がリコールを求めた」となれば知事を辞任に追い込むことができる」と言う話もささやかれていたという。そういう目論見も偽造の露見で雲散霧消した。
 7不思議の7番目は今年の「不自由展その後」への爆竹脅迫と会場閉鎖に関連するが捜査中でもあり割愛する。
加藤 剛
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2021年7月25日号
posted by JCJ at 01:00 | 東海・中部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月09日

【お知らせ】8月22日(日)午後2時から3時半まで オンライン講演会=敗戦から76年企画「日本は再び戦争をするのか?」

                                
半田.jpeg

講師:防衛ジャーナリスト   半田 滋さん (元東京新聞論説兼編集委員)

解釈改憲で集団的自衛権を合憲とし、戦争法をつくった安倍政権と、その路線を引き継ぐ菅政権。そのもとで台湾有事になれば、日本が米軍の戦争に巻き込まれる危険性は極めて高い。「戦争をする国」への道は、自衛隊員を含む多くの若い世代を再び犠牲にする政策だ。憲法9条に基づき、戦争を止める平和外交がいまこそ求められる。

【講師の紹介】半田 滋(はんだ しげる) 1955年(昭和30)年生まれ。防衛ジャーナリスト。下野新聞社を経て、91年中日新聞社入社、元東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師。法政大学兼任講師。92年より防衛庁取材を担当。2007年、東京新聞・中日新聞連載の「新防人考」で第13回平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞。
著書に、「変貌する日本の安全保障」(弓立社)、「安保法制下で進む! 先制攻撃できる自衛隊―新防衛大綱・中期防がもたらすもの」(あけび書房)、「検証 自衛隊・南スーダンPKO−融解するシビリアン・コントロール」(岩波書店)、「零戦パイロットからの遺言−原田要が空から見た戦争」(講談社)、「日本は戦争をするのか−集団的自衛権と自衛隊」(岩波新書)、「僕たちの国の自衛隊に21の質問」(講談社)、「「『戦地』派遣 変わる自衛隊」(岩波新書)=09年度日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞受賞、「自衛隊vs北朝鮮」(新潮新書)などがある。

参加費:500円 □参加のご希望の方はhttps://sensowano.peatix.com/をクリックして、お支払い手続きをしてください。
Zoom視聴用のURLは8月21日までにPeatixを通じてメールでお送りします。
【JCJ会員は参加費無料。onlinejcj20@gmail.com に別途申し込んでください】
主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)電話03‐6272‐9781(月水金13〜18時)
メール office@jcj.sakura.ne.jp ホームページ http://www.jcj.sakura.ne.jp/
【JCJ会員は参加費無料。onlinejcj20@gmail.com に別途申し込んでください】
posted by JCJ at 01:00 | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月08日

【今週の風考計】8.8─「見上げてごらん」、上空のキノコ雲からオスプレイまで。

今週は空を見る日が続く。広島・長崎に原爆が投下されて76年。あの晴れた夏の青い空に立ちのぼるキノコ雲の写真を見るたびに、胸が締めつけられる。
 唯一の戦争被曝国・日本なのに、政府は「核兵器完全禁止条約」に背を向けて恥じない。今年1月に発効し、今や55の国と地域が批准している。「橋渡し」役などと詭弁を弄する姿勢に腹が立つ。

36年前の8月12日、午後7時ごろ、日航ジャンボ機が群馬県・上野村の御巣鷹山に墜落、乗客乗員520人が亡くなった。
 歌手の坂本九さんも犠牲となり、43歳の生涯を閉じた。今もなお天国から、私たちを見守っているだろう。代表曲「見上げてごらん夜の星を」のフレーズが、口をついて声に出る。
そうだ今年の8月13日は、ペルセウス座流星群が、8年に1度の好条件で観測できる。午前4時過ぎの空全体を広く見渡せば、流れ星が北東の空の放射点から1時間に50個ほど、放射状に飛び出すのを肉眼で見ることができる。
 こうした流星群シヨーは手放しで鑑賞できるが、空から降る航空機事故は絶対にダメ。しかも米軍が「日米安保」を盾に、日本の上空を我が物顔に飛び回り、事故を起こしているのは許せない。

今から17年前の8月13日、沖縄県宜野湾市にある沖縄国際大学の構内に、米軍の大型輸送ヘリが墜落した。
 墜落直後、隣の普天間基地から海兵隊員が大挙して大学構内に押し入り、機体やストロンチウム90による汚染土壌まで、すべて米軍が勝手に持ち去った。
 原因究明もできず、日本の法律も及ばず、まさに米軍は「治外法権」の横暴を働いたにも関わらず、日本政府は黙認してしまう。この現実が、いまだに続いている。

現に米軍横田基地のオスプレイが、7月初旬に青森県の小川原湖で、湖面すれすれの低空飛行訓練を繰り返している。日本政府への事前通告もない。一歩間違えば大惨事につながりかねない。
 在日米軍ヘリによる無法な低空飛行は、全国各地で激化している。東京都心の上空でも米軍ヘリが約200メートルの高度で通過、高層ビルを縫うような飛行を続けている。米軍に日本の航空法を適用させ、低空飛行の中止を求める課題が緊急になっている。
 成田や羽田空港での民間航空機の離着陸に際し、ニアミスや緊急事態が起きる危険性に続き、墜落惨事が起きてからでは遅い。(2021/8/8)
posted by JCJ at 06:00 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

【フォトアングル】新宿アルタ前 視覚障害者がオリパラ反対を訴える=酒井憲太郎

                              
fo.jpeg

4度目の緊急事態宣言が東京に出た日、バッハ会長が来日し、都内のホテルに入った。菅首相の記者会見が映し出される新宿アルタ前で五輪中止を求めるア クショが繰り広げられた。「子どもの命を守れ!オリンピック観戦動員反対」を訴え、視覚障害者堀江さんもリレートークで「オリパラ御断り」と語った。主催は都教委包囲・首都圏ネットで参加者40名。=8日、東京新宿区の新宿アルタ前、酒井憲太郎撮影
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2021年7月25日号
posted by JCJ at 01:00 | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月06日

【沖縄リポート】土地規制法廃止へ声上げた名護市議会=浦島悦子

沖.jpg

  6月30日夕刻、名護市役所ピロティで「新基地建設のための美謝川付替えを許すな!/重要土地規制法の即時廃止を!」市民集会が行われ、梅雨末期の大雨の中、名護市議会議員・市民ら70人余が参加した(写真)。
 6月議会最終日のこの日、名護市議会は2つの決議・意見書を野党の賛成多数で採決した。一つは、沖縄防衛局が行う美謝川付替え(これをやらないと埋め立てはできない)に名護市との協議は不要として無条件に新基地建設を認める姿勢を示した渡具知市政に対し、美謝川付替え工事の中止を求めるもの、もう一つは、先の国会で強行採決された重要土地規制法の即時廃止と臨時的対応(内閣総理大臣からの情報提供要請への拒否など)を求めるものだ。沖縄への監視を強める土地規制法に対し、新基地問題の地元である名護市議会がいち早く声を上げた意義は大きい。
 集会では、それぞれの決議の提案議員からの報告があり、次期市長選(来年1月)への立候補を表明している岸本洋平市議が「市政を市民の手に取り戻そう」と訴えた。

 辺野古基地問題を巡っては、工事のためのサンゴ移植を許可するよう農林水産省が県に指示したのは違法だと、沖縄県が取り消しを求めた訴訟で、最高裁は7月6日、県の上告を棄却した。結果だけを見ると県の敗訴だが、裁判官5人のうち2人が「県の判断は違法とは言えない」と反対意見を述べたことは、国家権力の下僕となり下がった司法に絶望しか感じていなかった私たちにとって嬉しい驚きだった。
 反対意見は、「設計変更が不承認になった場合、移植は無駄になる」「移植が環境保全措置に該当しているとは判断できない」等と踏み込み、沖縄県や県民の主張と合致する。これまで私たちは、国を相手の訴訟を何度やっても門前払いされ、無力感とたたかいつつ続けてきたが、それは無駄ではなかった。設計変更申請に対する沖縄県の「不承認」判断が間もなく出る。しっかり支えていきたい。
浦島悦子
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2021年7月25日号
posted by JCJ at 01:00 | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月05日

【月刊マスコミ評・新聞】熱海の土砂流 朝日は実名報じずの説明を=徳山喜雄

災害時に安否不明者の名前をすみやかに公表することは、捜索を進めるうえで重要なことだ。しかし、個人情報保護法の曲解もあり、自治体が公表をしぶるケースが多発してきた。
 静岡県熱海市で7月3日朝に発生した土石流によって、多くの不明者がでた。県と市は、生存率が急激に下がるとされる「発生から72時間」が迫る5日夜、安否不明者64人の名簿を公表した。
 その後、本人や家族らからの連絡があり、6日午後7時までに44人の所在が確認された。一方、これとは別に安否不明者が2人いることも分かった。これによって、約1700人態勢で不明者の発見を急いだ県警や消防、自衛隊は、無事の人を探すという無駄な捜索をすることがなくなった。
もっと早く発表してほしかったという思いもあるが、非公表という「愚」をおかさずに公表に踏み切った県と市の判断を多としたい。
 ただ、報道をみると、たいへん残念なことがあった。在京6紙(6日朝刊最終版を参照)のなかで朝日新聞だけが公表された安否不明者の名前を掲載していなかった。経済紙の日経新聞も社会面に名前を載せている。

 熱海は著名な別荘地で、首都圏在住者らが巻き込まれたり、無事でいるにもかかわらず名簿に掲載されたりする可能性がある。部数の多い東京の最終版に名簿を入れることは報道機関としてとうぜんの役割だ。
 たとえば、2015年9月の関東・東北豪雨の際に、茨城県と常総市が連絡の取れない住民15人の名前を非公表にしたため、無意味な捜索がつづけられた。18年7月の西日本豪雨では、岡山県が不明者51人の名前を公表し、初日に半数以上の生存が確かめられた。広島と愛媛の両県は当初、「個人情報保護」などを理由に名前を公表しなかったが、岡山の発表後に公表に転じた。
新聞などのメディアは、災害時の実名公表を繰りかえし訴えてきた。ならば、自治体が名簿を公表したら、それを報道するのが基本であろう。朝日のように報じないなら、「実名公表」を求める理屈がたたないし、災害報道の土台が揺らぐことにもなりかねない。
 なぜ、在京紙で朝日新聞だけが安否不明者の名簿を掲載しなかったのか、その理由を説明してほしいものだ。
徳山喜雄
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2021年7月25日号

posted by JCJ at 01:00 | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月04日

【リアル北朝鮮】男女平等まで道半ば 金総書記長 時代錯誤な書簡=文聖姫

 「夫が党と革命に忠実であるよう世話をし、子供たちを社会主義朝鮮の頼もしい担い手に育て、和やかで団らんな家庭を作るという女性たちの役割は誰も代われるものではありません」
 男性と同じように女性が活躍することが当然のこととして認識されている世の中で、少々時代錯誤な感が否めない文章だ。金正恩総書記が6月20、21日に平壌で開催された朝鮮社会主義女性同盟第7回大会参加者に送った書簡(6月20日付)に含まれているものだ。北朝鮮が厳然として男性社会であることを如実に示していると思う。
 党の幹部会議などの映像を見ても、参加者はほとんどが男性だ。たまに女性が登場しても、金総書記の妹、金与正氏や秘書的な役割を果たしていると思われる玄松月・朝鮮労働党副部長などといった「有名人」たちだ。なにしろ北朝鮮では「雌鶏歌えば家滅ぶ」ということわざが浸透しており、女性が政治に口を出すことを良しとしない雰囲気がある。金総書記の書簡も、そういった男尊女卑の考えが反映されているのではないだろうか。

 問題は女性たちにもある。北朝鮮の女性たちはいまだに、良き妻、良き母となることが最も重要だと考えている。日本の区長にあたる女性の人民委員会委員長を男女平等の企画で取材したことがある。彼女は、夫や姑、子供たちの理解があったから仕事をやってこられたと言いながら、こう続けた。「自分が仕事で家をあけたり、家事や子育てができないことを申し訳なく思った」と。
 北朝鮮で女性の社会進出率は意外と高い。日本の国会にあたる最高人民会議の代議員にも女性が多く含まれる。小学校や中学校の校長、協同農場の管理委員長などは圧倒的に女性たちだ。
 現在の北朝鮮政府ができる前に組織された北朝鮮臨時人民委員会は1946年7月30日、男女平等権法令を採択した。それから75年、真の意味での男女平等への道はまだ半ばだ。
文聖姫(ジャーナリスト・博士)
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2021年7月25日号
 


 
posted by JCJ at 02:02 | 政治・国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月02日

【オンライン講演】キッシンジャーが角栄を潰した 米外交戦略上 邪魔だった 春名さんがロ疑獄の核心を語る=橋詰雅博

h.jpg


 元共同通信記者の春名幹男さんは(写真上)6月のJCJオンライン講演会「ロッキード疑獄から45年 角栄を葬り去ったのは誰だ!」でロ疑獄の核心を語った。
  ロッキード疑獄は全日空に旅客機を買わせる見返りとしてロッキード社から5億円のワイロを受け取った田中角栄前首相が逮捕された事件だ。1976年7月のことで、世界に衝撃を与えた。田中逮捕をめぐり様々な噂が飛び交った。米国のニクソン大統領やキッシンジャー国務長官の陰謀説、独自の供給ルート開拓をめざす田中の資源外交を警戒した米政府の仕掛け説、三木武夫首相による政敵田中≠フ追い落とし説などだ。
春名さんはこれら諸説の真偽を明らかにするため日米で取材。証言を求めて事件関係者に会い、大量に入手した政府公文書を読み込んだ。ロ社副社長のコーチャン回想録『ロッキード売り込み作戦』を始め多くの関連本を熟読した。最終的に浮かび上がったのはキッシンジャーが角栄を潰した―。

内容を事前に確認

15年間の成果をまとめた著書『ロッキード疑獄』によれば、田中ら自民党国会議員名入りロッキード資料は、75年末にロ社が米証券取引委員会(SEC)に提出。76年2月米議会でコーチャンが対日工作証言をする前に、筆頭閣僚の国務長官キッシンジャーは、内容を確認していた。資料の扱いを握るキッシンジャーはロ事件で田中が訴追されても自民党政権はつぶれない、ワイロによる販売攻勢が表面化しイメージダウンだが米企業は海外で競争に負けないと判断。ロ資料はSEC・司法省から4月に東京地検特捜部に渡った。

ジャップと罵った

キッシンジャーはなぜ田中の政治生命を奪ったのか。田中の独自外交が原因と前置きし、春名さんはこう説明した。
「72年9月に日中国交正常化を実現した田中首相は、一つの中国≠ニする中国側の主張を承認し、台湾と断交。しかし、ニクソンの2月訪中で米中関係を改善した米国は、一つの中国に関し立場表明を避けた。つまり日本は米国を追い越した。大統領補佐官(当時)キッシンジャーは『ジャップが上前をはねやがった』と田中とみられる人物らを罵った。
また,北方領土返還を前進させたい田中の対ソ外交にキッシンジャーは待ったをかけた。73年10月日ソ首脳会談前に、駐米ソ連大使を通じた『北方領土問題で譲歩しないでほしい』という要求にブレジネフ共産党書記長は同意。日中国交正常化した田中に報復した」
「田中訪ソ直前に起きた第一次石油ショック時(アラブ諸国とイスラエルとの中東戦争が原因)、石油確保のため中東政策を親アラブ≠ノ舵を切りたい田中と親イスラエル≠フキッシンジャーは正面衝突。田中の親アラブ転換でキッシンジャーの怒りは増した」
米国に従わない田中に頭にきていたキッシンジャーは米外交戦略上、邪魔な田中を嵌めたのだ。

3回面談の理由は

ところでロ事件裁判中、キッシンジャーは田中と東京・目白私邸で3回面談した。面談の理由を春名さんは「殺人現場に戻る犯人と同じような心理状態。自分が裏で糸を引いたのが田中にバレていないか調べるため」と推測した。
名前が出てロ事件モミ消しに動いた中曽根康弘は逮捕を免れた。巨悪は逃げ切った。
橋詰雅博
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2021年7月25日号

人脈図.jpg



posted by JCJ at 01:00 | オンライン講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

【今週の風考計】8.1─〈‘21緑陰図書〉コロナ禍のなか、心洗われる本3冊

暑中お見舞い申し上げます。コロナに翻弄され、夏休みに入っても巣ごもり≠ェ強いられるなか、少しでも涼風の通る場所で、頁をひも解くに良い本3冊を紹介したい。
倉本聰『古木巡礼』(新潮社)─<北の国から>を演出した倉本さんが、多忙な日々の傍ら、全国各地の古木を訪ね、静かに囁く古木の声を詩という形で掬いあげ、さらに古木をカラーの点描画にして添える、ユニークな詩画集。
 開けると途端、森や林のフィトンチッドが香ってくるようだ。詩のフレーズも、倉本さんの思いのたけがいっぱい、心地よく響いてくる。
 そして古木が育んできた悠久の歴史に思いを馳せながら、私たちが開発だといって、〈鎮守の森〉を潰し、地球温暖化を導き、あげくに新型ウイルスの蔓延という事態に至った現在に目を向ける。
7月13日夜、日本テレビのラジオ特番「倉本聰・古木巡礼〜森のささやきが聞こえますか」がオンエアされた。その2時間番組のなかで、倉本さんは今の事態を見ると、「文明の進め方が間違っていた」と語っている。
 
堂場瞬一『沈黙の終わり』(上下・角川春樹事務所)─著者デビュー20年を記念する書下ろし社会派ミステリー。関東近郊で起きた幼女誘拐連続殺人事件が、30年間も隠されてきた。その理由は何か、真相を暴く。
 新鋭とベテラン、正義とプライドをかけた二人の新聞記者が、警察の隠ぺいに抗し粘り強く点と線を追い、遂に大物政治家へと辿り着く。だが官邸詰めの同僚記者から圧力が…。
 それと闘う二人の共有する信念が、今のメディア状況を顧みるとき、きわめて潔く尊い。

矢部太郎『ぼくのお父さん』(新潮社)─全編オールカラー、ほのぼのとした感動の家族マンガ。コロナ禍の重苦しさが吹き飛ぶ。
 6月30日で44歳になった矢部太郎さん。今も東京・東村山の実家に近い築50年の賃貸マンションで暮らしている。
舞台は40年前の東村山、いつも家にいる絵本作家の父・やべみつのりさんとの生活が描かれる。
 「八国山には、よく父とつくしを採りに行きました。ビニール袋にいっぱい詰めて持ち帰り、つくだ煮にして食べました。僕にとって八国山はつくしの名産地です」
 また小学1年生の友達と北山公園でザリガニを取ったり、家族そろって屋根に上がり西武園の花火を眺めたり、1頁8コマ・見開き2頁をめくるたびに、心温まる情景が溢れんばかり。
お父さんだけではない、お母さんのさっちゃんも素晴らしい。「お母さんの床屋さん」「ひょうたんと入院」に描かれる、お母さんの姿も見落とすわけにはいかない。
 子どもを見守りながら、同じ目線でともに遊び、ともに考え、ともに親自身も成長していく。なんとも新鮮な感動に胸が熱くなる。(2021/8/1)
おすすめ本3冊.JPG
posted by JCJ at 06:00 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする