2008年07月09日

マスコミ気象台

◇エフエム群馬の報道に「放送倫理違反」
放送と人権等権利に関する委員会は1日、エフエム群馬が07年12月12日に放送したニュースで当事者の言い分を取材しなかったのは放送倫理違反とする決定を出した。問題のニュースは、群馬県議会総務常任委員会で、県行政書士会の総務部長が傷害容疑で県警に書類送検され不起訴処分になっていたことが明らかになったと報じた。県警に告訴した同会理事の談話を紹介したものの総務部長には取材せず、総務部長が「傷害を与えていないのに犯人のように放送され、名誉権の侵害を受けた」と訴えていた。放送人権委は「会内部の複雑な背景事情があり、本人の弁明を聞くことは必要不可欠だった」と認定した。放送人権委は1日、略称をBRCから変更した第三者機関。(「毎日」7月2日付ほか)

◇「大幅減量効果」商品でテレビ朝日常務ら減給
テレビ朝日の君和田正夫社長は1日の定例会見で、テレビショッピングで紹介した商品の表示について景表法違反の疑いで公取委から警告を受けたことを受け、担当者5人を6月23日付で処分したことを明らかにした。番組では乗馬型運動器具を短期間利用するだけで大幅に減量できるかのように紹介。君和田社長は「景表法への理解が足りなかった。公取委OBらを招いて研修を積んでいく」と述べた。(「毎日」7月2日付ほか)

◇米俳優組合の新契約交渉不調
ロサンゼルスからの報道によると、米俳優組合と映画・テレビ業界団体は1日午前零時1分、現行契約の期限切れを迎えたが、契約交渉は不調に終わった。組合側の要求は、出演作品がDVDになった場合やネット配信された際の著作権料の増額。2日に交渉を再開する予定だ。(「しんぶん赤旗」7月2日付ほか)

◇準強制わいせつで博報堂元社員実刑
睡眠導入剤を混ぜたワインで眠らせた女性にわいせつ行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた博報堂元社員(42)に対し東京地裁は1日、懲役2年6月を言い渡した。戸倉三郎裁判官は「被害者の人格を顧みない行為は厳しく非難されるべきだ」と述べた。(「毎日」7月2日付ほか)

◇韓国メディア矢面に〜牛肉問題で爆破予告、取材妨害
米国産牛肉の輸入再開をめぐる混乱が長期化する韓国で、大手メディアが矢面に立たされている。またメディア同士の批判合戦も激しさを増している。韓国政府関係者によれば、1日午前、大手紙の朝鮮日報社に「建物を爆破する」との脅迫電話があった。同紙は政府寄りだとして、中央日報、東亜日報とともに市民団体の一部から批判を浴びている。東亜日報社によれば、抗議行動の現場で記者が取材を妨害されることもあるという。一方、抗議行動に好意的とされる放送局やインターネットニュースでは、MBCテレビの人気番組「PD手帳」が4月29日、「米国産牛肉は安全なのか」とする特集を放映し、大統領府ホームページに不満や不安の書き込みが殺到するに至った。政府は報道内容に誤りがあるなどとして反論放送を求める提訴騒ぎに発展した。インターネット新聞大手の「オーマイニュース」は、「政府も与党も3大紙の言いなり」などと訴えている。(「朝日」7月2日付ほか)

◇朝日新聞社、犯罪被害者の会に「批判厳粛に受け止め」と回答
死刑執行にからんで鳩山法相を「死に神」などと表現した朝日新聞の夕刊コラム「素粒子」を巡り、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」が「我々に対する侮辱でもある」と抗議していた問題で、朝日新聞社は6月30日付の文書で同会の質問に回答した。「ご批判を厳粛に受け止め、教訓として今後の報道に生かしていきます」と答えた。(「朝日」7月2日付ほか)

◇テレ朝・朝日新聞提携で通信の参加「複数に」
テレビ朝日の君和田正夫社長は1日の定例記者会見で、朝日新聞社との業務提携に参加する通信・情報技術関連企業について、「通信サービスは多様化している。1社に絞って他者を排除する考えはない」と述べ、複数になるとの見通しを示した。すでに、@同じ番組をネットやテレビ媒体で流す「クロスメディア戦略」A紙面と番組の連動Bテレビ営業と新聞広告の連携C人事交流・研修――の4つの作業グループを設けており、提携の具体的な内容を詰める。(「読売」7月2日付ほか)

◇テレ朝とテレ東、役員報酬カット
テレビ朝日の君和田正夫社長は1日の記者会見で、広告収入の落ち込みを踏まえ7月から全役員を対象に平均12%の報酬カットに踏み切ることを明らかにした。広告市況回復が当面見込みにくいことから「業績対策緊急本部」も設置。増収策や経費削減策を総合的に検討する。社長は広告不振の背景に「構造的な問題がある」とも述べた。またテレビ東京も1日、菅谷定彦会長と島田昌幸社長の役員報酬を15%カットすることを決めた。役員報酬では専務、常務とも10%、取締役は5%減額する。(「日経」7月2日付ほか)
posted by JCJ at 06:00 | TrackBack(0) | マスコミ気象台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック