2008年07月25日

マスコミ気象台

◇NHKが株規制明文化
NHKは11日、職員の株取引を規制する「インサイダー取引防止規程」を設け、報道情報システムにアクセスできる職員ら約5700人の株取引の原則禁止を、初めて明文化。取引をしないとの誓約書提出を義務付け、未提出者はシステムを使えない。また、2回目の検証番組を、20日午前11時20分(地域によっては夜)約30分間放送する。(「朝日」7月12日付ほか)

◇世の中知ることできるメディア「新聞」トップ
メディア事業会社「博報堂DYメディアパートナーズ」は、新聞やテレビ、インターネットに関するアンケート調査を実施した。複数回答で「世の中で何が起こっているかを知ることができるメディアは」の質問には、新聞と答えたのが76.2%だった。次いで76.2%、インターネット52.4%。「世の中を幅広く理解できるメディア」「説得力があるメディア」についても、いずれもテレビなどを押さえ新聞がトップだった。また「一般常識が身につくメディア」でも、新聞が86.1%で、テレビ(38.3%)、インターネット(23.6%)を上回った。(「毎日」7月12日付夕刊ほか)

◇熊本日日新聞社社員逮捕
熊本県警熊本北署は12日、熊本日日新聞社事業局事業部社員(31)を住居侵入容疑で逮捕した、発表によると、同容疑者は12日午前5時頃、7階建てアパート2階の自室の隣に住む女性介護士(28)の部屋にベランダから侵入した疑い。同署はのぞき目的で侵入したとみている。(「読売」7月13日付ほか)

◇仏公共放送、広告禁止来年1月から
サルコジ仏大統領は6月25日、メディア改革の一環として、公共放送の広告全面禁止に向け、具体的な財源補てん策と広告禁止の実施時期を発表した。政府委員会の提案よりも実施時期を前倒しするとともに、通信事業者などへの課税率を引き上げた内容になっているが、EU(欧州連合)はこれに反対しており、今後波紋を広げそうだ。(「民間放送」7月13日号)

◇メディア産業世界市場、12年に2.2兆ドルへ
世界の娯楽・メディア産業の市場規模は、インターネット、携帯機器などのデジタルメディア、ブロードバンドの拡大に伴い、年平均6.6%の伸びを示し、2012年には総額2.2兆ドル(約236兆円)に達するとの予測が、米会計大手プライスウォーターハウス・クーパースが6月18日に発表した報告書で明らかになった。同調査は59か国の娯楽・メディア関連の15の分野を対象に実施された。インターネット関連の成長率は、年平均19.5%と見込まれ、最も速いペースで成長すると予測。テレビ放送、映画、出版など従来の娯楽・メディアの収入は12年までに7610億ドルに達するとし、デジタルメディア関連の収入(2340億ドル)を上回る公算が大きい。12年時点でのトップは米国の7590億ドルだが、成長率では年平均4.8%と最低水準にとどまる見通し。一方、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)と呼ばれる経済急成長国の収入は12年までに推計2500億ドル。金額では米国などを下回るものの、成長率は年平均13.6%と大幅に上回ると予測している。(「民間放送」7月13日号)

◇ASEAN、STB規格の域内統一合意
東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国は6月19日、シンガポールでASEANデジタル放送会合(ADB)を開催、地上デジタルテレビ放送を受信するSTB(セット・トップ・ボックス)の技術規格を域内で統一することで合意した。ASEANは昨年。情報・通信担当閣僚会議で地上デジタルテレビ放送方式として欧州のDTB−T方式の採用を決めている。今回の合意により「メーカーはスケールメリットを生かせ、消費者はSTBを廉価に購入できる」としている。(「民間放送」7月13日号)

◇中国が外国メディア妨害〜国際人権団体が報告書
国際人権団体ヒューマン・ライツ(本部・ニューヨーク)は7日までに、中国駐在の60人以上の外国人記者から聞き取り調査を行い、北京五輪を前にして、依然として中国政府が外国メディアの取材を妨害していると批判する報告書を発表した。同団体は中国政府に対し、五輪を前にして発表された、外国メディアの取材の自由を保証した暫定規定を完全に尊重するよう要求、さらに五輪後も同規定の恒久化を求めた。(「新聞協会報」7月15日号ほか)

◇民放への捜査で政府に抗議〜韓国・言論労組
韓国の記者ら報道機関職員らで作る言論労組は8日、米国産牛肉輸入問題などで政府に抗議するろうそく集会をソウルで主催し、数百人が参加した。米国産牛肉には牛海面状脳症(BSE)の不安があると報じ同問題に火を付けたMBCテレビの報道番組「PD手帳」の制作陣に対し、政府の要請で検察の捜査が行われていることに抗議した。(「新聞協会報」7月15日号)

posted by JCJ at 10:48 | TrackBack(0) | マスコミ気象台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック