2009年01月09日

活字の海を漂って(18) さようなら、私の雑誌たちよ=鈴木 耕

愛着ある雑誌たちが消えていく

 いま私の机の上に、3冊の雑誌が置かれています。

『論座』2008年10月号(朝日新聞社)
『PLAYBOY日本版』2009年1月号(集英社)
『月刊現代』2009年1月号(講談社)

 この3誌の共通点は、ともに「最終号」であるということです。
『PLAYBOY日本版』と『月刊現代』は、2009年1月号となっていますが、発売日はともに2008年12月です。つまり、 この3誌は2008年に姿を消した雑誌なのです。
 この3誌ともに、私には愛着のある雑誌でした。1誌は自分が直接関わった雑誌として、あとの2誌は私の愛読誌であったことへの愛着です。

(続きを読む)

posted by JCJ at 00:13 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック