2009年02月25日

「港を壊すな」の判決が日本を変える 「鞆世界遺産訴訟」が結審=広島ジャーナリスト

 鞆の埋め立て・架橋計画をめぐり、 反対する地域住民が広島県を相手に埋め立て免許交付の差し止めを求める「鞆の世界遺産訴訟」は、今年2月12日に結審した。
 裁判がはじまったのは、2007年4月24日。この間、原告側の排水権資格や景観権、埋め立て・架橋計画の公益性などが争われてきた。 鞆港は石積みの波止(はと)や雁木、常夜燈などが江戸時代のころとほとんど変わりなく、手付かずで残っている。 世界遺産級の価値があるとして、イコモスも総会などで埋め立て・架橋計画の中止を求める決議を重ねてきた。
 昨年の2月には仮差し止めの申し立てに対して、広島地裁は差し止めの本裁判で間に合うとして、申し立てそのものは却下したものの、 原告160人の排水権と景観権を認め、ひとたび景観を破壊すればとりかえしがつかないとする画期的な判断を下した。
(続きを読む)
*「広島ジャーナリスト」のHPに飛びます。
posted by JCJ at 01:14 | TrackBack(0) | 中国・四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック