2009年04月07日

マスコミ気象台

◇BSデジタル、英BBCも免許申請
英公共放送BBCは23日、日本で2012年に追加される新たなBSデジタル放送に参入する方針を固め、免許申請した。ドキュメンタリーやドラマなど娯楽番組が中心の有料チャンネルを新設する方針。ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)系のアニメ専門チャンネル「アニマックス」も参入を希望するなど国内外企業の競争が激化しそうだ。(「日経」3月24日付)

◇共同通信、社費4.0%引き下げ〜創立以来初
共同通信社の3月度理事会は19日、東京・東新橋の同社で開かれた。2009年度予算に関しては、前回理事会で基本的に了承を得た予算編成方針に基づいて審議した結果、新聞・放送界の厳しさを増す経営環境を背景に加盟社の社費は改定せずに11年連続で据え置き08年度末水準の伸び率をゼロとし、引き続き厳正なコスト管理と経費の節減に努める一方、総選挙やバンクーバー冬季五輪、映像取材強化など重点項目の経費を計上して編集活動に支障がないよう努めるとともに、新年度からの緊急3か年経営計画を実行に移すこととした。このあと、追加議題として、石川聡社長が、未曾有の経済危機により広告収入の激減に直面している加盟社への支援策として社費を新年度の4月から4.0%引き下げることを提案し、承認された。社費の引き下げは同社の創立以来初めて。(「新聞之新聞」3月25日付)

◇BSデジタル、29企業・団体が申請
総務省は24日、2011年にチャンネルが追加されるBSデジタル放送に計29の企業・団体が免許申請したと発表した。申請チャンネルの総数は、免許割当が決まっている放送大学学園を除いて計34で、追加枠に対し3−4倍前後の高倍率・米ウォルト・ディズニーなど欧米メディアも参入意欲を示した。(「日経」3月25日付)

◇丸善、ジュンク堂が業務提携を協議
大日本印刷子会社の書店チェーン、丸善とジュンク堂書店は24日、経営統合も視野に業務提携の協議を始めることで合意したと発表した。店舗運営ノウハウの共有化や人材交流を進め、経営を効率化する。大日本は丸善と図書館向け書籍販売の子会社である図書館流通センターを経営統合することをすでに決めており、3社統合に発展する可能性が高い。(「日経」3月25日付)

◇毎日新聞記事を偽造し勧誘資料〜東京の会社に抗議
東京都豊島区の環境関連会社「ペトロジャパン」が、同社未公開株の購入を勧誘するダイレクトメールの資料に、毎日新聞のタイトルを使用した偽造記事を勝手に添付していたことが分かった。DMが送りつけられた読者からの通報で発覚した。同社は取材に偽造を認めており、毎日新聞社は24日、厳重に抗議するとともに謝罪文を求める措置を取った。(「毎日」3月25日付)

◇新聞協会が文化庁に新常用漢字表で意見書
文化庁に設置されている文化審議会がまとめた新常用漢字表(仮称)の試案に対し、日本新聞協会は24日、常用漢字として追加する字の入れ替えなどを求めた意見書を文化庁に提出した。意見書では、常用漢字への追加を要望する字として、社会生活で使われることが多い「磯」「釜」「柿」や、よく使われる熟語を構成する「貫禄」の「禄」や「蘇生」の「蘇」を挙げた。逆に追加候補となっている「顎(あご)」や「膝(ひざ)」などは書きが難しく、仮名にしても読みにくくないとして候補から外すよう提案した。(「毎日」3月25日付ほか)

◇バンキシャ偽証容疑者、テレ朝にも出演〜2回謝礼、「耐震偽装」を批判
日本テレビの報道番組「真相報道バンキシャ!」の誤報問題で、うその証言をし、偽計業務妨害容疑で逮捕された元建設会社役員(58)がテレビ朝日の情報番組にも出演し、取材謝礼を受け取っていたことがわかった。2回にわたって、1回あたり5000円の取材謝礼を番組スタッフが後で振り込んでいた。(「毎日」3月25日付ほか)

◇業務部門の採用、日経が取りやめ
日本経済新聞社は、2010年4月の新卒採用で、業務部門の採用を取りやめることを決めた。来月初旬に試験を実施し、数人を採用する予定だったが、昨秋以来の業績悪化で断念した。同社が募集した採用を取りやめるのは初めて。締め切りの3月16日までに数百人の大学生らが応募した。同社は、24日夜、応募した学生らにお詫びのメールを送付した。(「読売」3月25日付夕刊ほか)

posted by JCJ at 06:00 | TrackBack(0) | マスコミ気象台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック