2009年05月06日

マスコミ気象台

◇NYタイムズ、最終赤字73億円
米新聞大手ニューヨーク・タイムズが21日発表した2009年1−3月期の最終赤字は7400万ドル(約73億円)に達した。前年同期は33万ドルの赤字。柱である広告収入の急減を、人員削減のリストラで補えなかった。(「日経」4月22日付ほか)
◇有罪判決の米記者が上訴
イラン国営通信は21日、同国内でスパイ活動をしたとして禁固8年の有罪判決を受けた日系米国人ジャーナリストのロクサナ・サベリさん(31)が、控訴裁判所に上訴したと伝えた。イラン司法府報道官は「判決が変わることを願っている」と述べたといい、控訴審では一審判決が見直される可能性もありそうだ。(「日経」4月22日付ほか)

◇番組担当者らテレ朝が処分〜放送倫理機構勧告受け
テレビ朝日は21日、問題があった二つの番組について、関係者を処分したと発表した。「報道ステーション」では、徳島県の土地改良区で起きた横領事件の報道で流した野中広務・元官房長官の映像について、放送倫理・番組向上機構(BPO)が「名誉棄損をきたしかねない重大な放送倫理違反があった」と勧告したことを受け、番組の担当部長ら5人を減給1か月の処分とし、報道局長ら2人も譴責とした。(「日経」4月22日付ほか)

◇ユネスコがデジタル図書館
国連教育科学文化機関(ユネスコ)は21日、世界各国の図書館が収蔵する貴重な書籍や図版などをインターネット上で無料閲覧できる「世界デジタル図書館」を開設したと発表した。日本からは国立国会図書館が著作権がなかったり、切れていたりする資料を提供し、「源氏物語」や日本国憲法、古地図などが収められている。(「日経」4月22日付夕刊)

◇米ヤフー、人員5%削減〜広告不振で減収減益
インターネットサービス大手の米ヤフーは21日、全従業員の5%にあたる約680人を減らすと発表した。人員削減は2008年度以降で3度目。21日発表の09年1−3月期決算はネット広告事業が振るわず、減収減益だった。検討中とされるマイクロソフト(MS)との提携など収益改善策が改めて問われそうだ。(「日経」4月22日付夕刊)

◇43万語用語検索サイト開設
朝日新聞社、ECナビ、朝日新聞出版、講談社、小学館の5社は、44辞書から約43万語を検索できる無料用語解説サイトを開設する。新たな出版社や参加企業を募り、3年後に200万語収録を目指す。朝日新聞出版、講談社、小学館の3出版社がコンテンツを提供。ECナビがサービスを開発、運営を担う。検索に連動して関連する広告が掲載される仕組みで、09年度の売り上げ目標は1億円。(「毎日」4月23日付ほか)

◇草薙容疑者逮捕でテレビ局、放送見合わせ検討続出
公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された草薙剛容疑者が出演する番組、CMでは見合わせ、打ち切りの検討が続出している。同容疑者をCMに起用しているトヨタ自動車は、23日付でCMの放送打ち切りを決めた。P&Gも当面テレビCMの放送を見合わせることを決めた。また同容疑者は06年から地上デジタル放送普及推進キャラクターを務めているが、デジタル放送推進協会は各放送局にCM放送中止を要請し、ポスターやチラシなどの差し替えの検討も始めた。(「毎日」4月23日付夕刊ほか)

◇NHK、有料配信低調、目標の2割以下に
NHKは22日、2008年12月に始めたインターネットによる番組有料配信事業の利用者数が3月末までの4か月間で1万4千人にとどまったと発表した。目標の8万1千人を大きく下回るとともに、売上高も約5千万円と当初計画の4億円に届かなかった。NHKは低調の理由について「サービスの知名度不足」などを挙げた。(「日経」4月23日付)
posted by JCJ at 06:00 | TrackBack(0) | マスコミ気象台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック