2009年08月03日

【今週の風考計】

■マニフェストが出そろった。自民・民主ともに、日本をどうするのか、将来像が見えてこない。核廃絶の3文字もない。■6日、9日には64回目の<ヒロシマ・ナガサキの日>を迎える。原爆死没者40万人、この人道上の罪に対し、オバマ大統領は真摯に向き合おうとしている。いま歴史が動き出している。だが「唯一の被爆国」日本は、核廃絶に向けイニシャチブをとろうともしない。■8日、JCJは「市民とジャーナリストを結ぶ集い」を開く。原寿雄さんの講演とJCJ賞受賞者4人から、自衛隊の「戦地」派遣、米国の核持ち込み、イラク戦争反対の市民運動など、貴重な話をしていただく。詳細はホームページ「JCJの集会」参照。

posted by JCJ at 10:21 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック