2009年08月08日

活字の海を漂って(25)「新聞の広告欄を眺めながら」=鈴木 耕

  新聞はわりと熱心に読みます。
  記事だけではありません。日によっては、興味を惹かれる記事がとても少ないことあります。そんなとき、むしろおもしろいのは、広告です。私の場合、特に書籍や雑誌の広告には熱心に目を通します。
  「ほう、こんな本が出た。買いに行かなくちゃ」とか、「この週刊誌の特集は、どっかの書店で立ち読みしよう」とか、「これ欲しいけど、ちょっと高いな。文庫になるまで待つか」などなど、ブツブツ言いながら広告を眺めています。3冊ほど欲しい本がインプットされたころに、書店へ出かけます。

(続きを読む)
*JCJ出版部会「出版ろばの耳」(ブログ版)へ飛びます。
*「出版ろばの耳」(ブログ版)
http://jcj-shuppan.seesaa.net/

posted by JCJ at 10:03 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック