2009年11月19日

「日米同盟の深化」でいいのか ―― ブッシュとオバマの来日=水島朝穂

 日本シリーズ第3戦。11月3日(火)東京ドーム。7対4で巨人が勝った試合だが、その冒頭の始球式に、何と、 あのブッシュ前大統領があらわれたのだ。ブッシュは巨人のジャンパーを着て投球した。北海道大学の山口二郎氏は『東京新聞』11月8日付の 「本音コラム」で、これを厳しく批判している。「一体どのツラ下げてこんなところに出てきたのだと言いたかった」 「ブッシュが犯した悪行はここで繰り返すまでもないであろう」「ブッシュはテロとの戦いという名目で、 一体どれだけの人を死に追いやったのだろう」「政治家というのは、引退すれば在職中の行動についてすべて責任を免れるというものではない。 ブッシュが行った歴史的犯罪については、これからもしつこく追及しなければならない」。まったく同感である。

(続きを読む)
*水島朝穂の平和憲法のメッセージ「今週の直言」に飛びます。

posted by JCJ at 23:00 | TrackBack(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック