2009年12月03日

日米両政府は、非現実的な日米合意と決別すべき

 産経新聞が1日付で、政府が<代替施設の現行計画を、沖合に移動させて危険性を弱めることで「年内決着」する方向で、 最終調整が進められている>と書いていたが、内閣は2日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、 結論を来年1月以降に先送りする方向で調整に入った(→朝日新聞)。
 朝日新聞の3日付「普天間移設、年内決着断念へ 首相、与党連立を重視」の記事は、<ただ、年内決着を先送りしても、 防衛省が概算要求している名護市辺野古への移設関連経費は来年度予算に計上する方針。 米軍再編に関する日米合意そのものを破棄するわけではないとの姿勢を示すためだ。米側は日米合意の早期履行を強く求めており、 結論の先送りで日米関係が大きな影響を受けるのは必至だ>と書いた。

(JCJふらっしゅ:Y記者のニュースの検証=小鷲順造)

 こうした論調には私は実に疑問を感じる。早朝のテレビ朝日の番組でも同局のコメンテーターという肩書きの人が、 沖縄の実態を知れば知るほど、早期解決が大切だという趣旨の発言を勢い込んでやっていたが、その手の姿勢に私は到底納得できない。

 沖縄タイムスの1日付社説「鳩山・仲井真会談 知事の真意が見えない」は、<仲井真知事に欠けているのは基地問題で、 将来展望を示すことができていないことだ>と指摘、 <大田昌秀元知事には2015年までに全面返還を目指す基地返還アクションプログラムがあり、辺野古移設を容認した稲嶺恵一前知事は、 15年使用期限、軍民共用などの高いハードルを設定した。仲井真知事は沖合にずらす以外、何の縛りも付けていない>とする。

 その仲井真知事の姿勢は、<県外、国外移設がベストだが、これから作業を始めると時間がかかり、普天間が固定化される。 次善の策として辺野古沖合案を受け入れる>というものである。

 これに対して同社説は、<最初から県内移設ありきであっては検証の意味がない。普天間を抱える伊波洋一宜野湾市長さえ 「必ずしも年内に決める必要はなく、いろんな道を探してほしい」と要望している。外国軍隊を60年以上も駐留させ、 しかも沖縄に集中させる基地のあり方が21世紀の市民社会に沿うものなのかどうか、 仲井真知事が鳩山首相に問うべきはそこではなかったのか>と指弾する。
 そして、<民意を体現するのが政治家である。衆院選や県議選、全国紙や県内2紙の世論調査でも明らかなように、民意は県外、 国外移設を求めている。仲井真知事が普天間の危険性除去を理由に、県内移設を進めようとするのは論理矛盾ではないか。 常駐機の数が多く戦闘機も運用する嘉手納基地の危険性に知事はどう対処するのか、これまで言及したことがない。 基地問題に対する本気度が伝わらない>と厳しく批判している。

 まさにそういうことだろう。朝日新聞やテレビ朝日までがなぜ、「早期決着」を声高に叫び、米側の要求に擦り寄ろうとするのか、 まったく理解できない。あるいは与党・民主党内部の揺れる姿勢に翻弄されているのだろうか。 基地問題を解決するための姿勢のようにみせかけて、実は、在日米軍基地の問題を沖縄に押し込めて先送りしようとする姿勢でしかない。 そこにはオバマ米政権の核廃絶への道筋をどうかんがえるのか、それと太平洋地域に広がる米軍基地の問題はどうかかわるのか、 どう解決していくのかというビジョンが存在しない。テレ朝コメンテーター氏は、自分たちジャーナリストは政治家に説明を求める人間であって、 自分たち自身の側にビジョンはなくてもよいのだと突き放して考えているのだろうか。 これも日本の放送ジャーナリズムが陥っている蛸壺コメンテーターの寄せ集め状態を象徴するにほかならず、 責任回避と生き残りに汲々とする姿そのものなのだろうか。

 琉球新報の2日付社説「橋下知事発言 本土も当事者意識が必要だ」は言う。
<日米で政権が交代した。新保守主義、単独行動主義のブッシュ政権は国際協調のオバマ政権へ、対米追従の自民長期政権は「対等な日米関係」 を目指す民主党政権に代わった。それなのになぜ、古い「日米合意」が変わらないのか。不思議だ>、と。それは沖縄戦や米軍に人権を蹂躙 (じゅうりん)され続けた戦後沖縄の歩みに、良心の呵責を感じない政治家が急増していることの表れではないのか、と。

<日米安保が大切と言いながら、自らは痛みを引き受けず、沖縄に基地を押し付け我慢を強いる。 そんな心ない政治家が増えているとしたら、この国の政治は危うい>――この社説の指摘を全国で共有する必要があるだろう。
 社説は、<辺野古移設の白紙化が日米関係の致命傷になると、誰が煽(あお)っているのか。普遍的な価値観を共有する日米の信頼が、 普天間撤去を議論するくらいで崩れるはずはない。日米両政府は環境保護を求める国内外の世論をも敵に回す、 非現実的な日米合意と決別すべきだ>と提言して結んでいる。
 この思いを広く共有して、種々のメディアが垂れ流している他人事にゆがんだ論調を糾していく必要が高まっているように、 私には思えてならないのである。

(こわし・じゅんぞう/ジャーナリスト会議会員)


普天間問題、越年強まる 首相、一定の時間が必要(共同通信)
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/politics/CO2009120201000624.html
普天間移設、年内決着断念へ 首相、与党連立を重視(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/1203/TKY200912020464.html?ref=goo
普天間移設 「年内決着」へかじ 現行計画の沖合移動案軸(産経新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/m20091201034.html
[鳩山・仲井真会談]知事の真意が見えない(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-12-01-M_1-005-1_001.html?PSID=d9715c31393272b5220bc6a044610f4d
橋下知事発言 本土も当事者意識が必要だ(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-153630-storytopic-11

posted by JCJ at 21:10 | TrackBack(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック