2010年02月21日

マスコミ気象台

◇横浜事件、実質無罪〜5遺族に刑事補償
戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、治安維持法違反の有罪が確定し、再審で免訴判決を受けた元被告5人の遺族に対し、 横浜地裁は4日、請求通り計約4700万円の刑事補償を支払う決定を出した。大島隆明裁判長は決定理由で「(治安維持法の廃止など) 免訴の理由がなければ無罪の裁判を受けたことは明らか」としており、今回の決定は事実上の無罪判決といえる。さらに決定は「警察や検察、 裁判の各機関の故意・過失は重大」と司法の責任にも言及した。(「毎日」2月4日付夕刊ほか)

◇NHK放送映像、中国国内で遮断
中国国内で31日夜、日中歴史共同研究について報道したNHKの海外向け放送の画面が真っ黒になり、数秒にわたって視聴できなくなった。 天安門事件の映像を中国当局が遮断したためとみられる。中国メディアは同日夜、「日中歴史共同研究委員会」 が報告書を初めて発表したとのニュースを簡単に報じているが、詳しい内容は伝えていない。(「毎日」2月1日付ほか)

◇米FOX、日本で広告配信事業
米メディア大手FOXは、日本で複数のサイトを連携させる「アドネット」と呼ぶ手法の広告配信事業を始める。 22日からTBSやエキサイトなどが運営する16のサイトに、新作映画など娯楽関連の動画広告を配信する。 娯楽に関心を持つ消費者が頻繁に利用するサイトを配信先として束ねることで、広告効果を高める。(「日経」1月22日付)

◇NYタイムズ、11年からネット記事閲覧有料化
米大手紙ニューヨーク・タイムズが20日、2011年初めからインターネットの記事閲覧の有料化を決めた。既に米紙ウォールストリート・ ジャーナル(WSJ)、英紙フィナンシャル・タイムズの2紙が有料化しており、WSJを傘下に持つニューズ・ コーポレーションは有料化拡大の方針。名門NYタイムズの有料化決定で同様の動きが他紙にも広がりそうだ。(「神奈川」1月22日付ほか)

◇NHK朝ドラ8時から
NHKは20日、今春からの番組編成を発表した。朝の連続テレビ小説は、 総合テレビでの放送時間を現在の午前8時15分から午前8時に繰り上げる。総合テレビで朝ドラの時間が変わるのは48年ぶり。教育テレビの 「おかあさんといっしょ」も開始時間を午前8時35分から午前8時にする。いずれも、出勤時間が早まるなどの朝の生活様式の変化に合わせた、 としている。総合テレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」は休止し、10月に再開する。司会者の茂木健一郎さんが昨年、 東京国税局から申告漏れを指摘されていた。再開時に茂木さんが出演するかは未定。(「朝日」1月21日付ほか)

◇映像ソフト売上総額6.4%増加〜09年オリコン調査
オリコンは2009年の映像ソフト市場の概況をまとめた。売上総額は2737億円で、08年比6.4%増。 このうちDVDは2480億円で1.6%減だったが、ブルーレイ・ディスク(BD)の売り上げが257億円と好調で (08年は9月下旬からの約3か月間で51億円)、全体を押し上げる形となった。メーカー別の売り上げではバンダイ・ ビジュアルが3年連続トップ。2位はワーナー・ホーム・ビデオ、3位はTBSビデオだった。(「毎日」1月26日付夕刊ほか)

◇金融庁、KDDIを調査〜JCOM買収で金商法抵触の恐れ
KDDIが計画するケーブルテレビ最大手の「ジュピターテレコム」(JCOM)の買収が、金融商品取引法の株式公開買い付け(TOB) ルールに抵触する恐れがあるとして、金融庁が調査を始めたことが2日、分かった。KDDIは、JCOM株を合計で37.8% 保有する企業3社の買収を通じて、JCOMを傘下におさめるとしている。今回は、非上場企業3社の買収ではあるが、 3社とも事業の実態がないペーパーカンパニーで、実質的にはJCOM株の買収に当たると判断される可能性があるというもの。KDDIは 「金融庁から要請があれば誠実に対応したい」とコメントしている。(「毎日」2月3日付ほか)

◇わいせつ容疑でNHK職員逮捕
NHKは1日、新宿営業センター職員(52)が公然わいせつの疑いで警視庁品川署に逮捕されたと発表した。品川署によると、 逮捕容疑は09年12月4日午後10時ごろ、品川区東品川3の区立公園で通りかかった20代の女性に下半身を露出したとしている。 目撃情報などから1月31日に逮捕された。容疑を認めており1日に処分保留で釈放された。(「毎日」2月2日付ほか)

posted by JCJ at 17:48 | TrackBack(0) | マスコミ気象台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック