2010年02月21日

【今週の風考計】

▼米国のマイクロソフトとヤフーの提携が、ネット検索と広告の両事業で、欧米当局から正式に承認された。 ただし提携は10年間の期限付き。いま世界のネット検索市場は首位のグーグルがシェア67%を握る。追撃なるか。 ▼さらに米国では<電子出版バブル>が起きている。アマゾンの電子書籍「キンドル」に、アップルが「アイパッド」で挑戦する。 42万冊の電子書籍を、廉価でしかも簡便に携帯から購入・閲覧できるようになる。その市場をめぐって両社の覇権争いは熾烈だ。 ▼だがアマゾンやアップルに流通や価格設定権、購買情報まで握られていけば、米国どころか世界の出版社は壊滅する。 日本もまた<電子出版バブル>に踊らされて、活字文化が衰退する事態にならないことを願う。

*【今週の風考計】は、JCJWEB掲載の週刊コラムです。

posted by JCJ at 17:52 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック