2010年05月02日

【今週の風考計】

 八十八夜が過ぎ、 萌える5月。庭のボタンが赤紫の大輪を開く。下に咲く芝桜の青さが際立つ。人も燃える。代々木公園のメーデー会場で、ニューヨークで、 上海で。基地撤去・働く者が安心できる日本に、核兵器のない世界を、より良い生活へ。1日、中国初の上海万博が開幕。環境悪化・格差拡大が進む中国、「都市と生活」 のより良い発展をどう作るのか。課題は大きい。3日、核不拡散条約(NPT)再検討会議が開かれる。190カ国が参加。 ブロードウェー通りでは日本の平和活動家たちが「Abolish Nuclear Weapons」の国際署名に取り組む。 今度こそ核廃絶へ国際交渉に踏み出せ。4日、鳩山首相は 「普天間基地の危険性除去と負担軽減」を掲げ沖縄を訪問する。<辺野古への基地建設断念と普天間基地の無条件返還を求める>民意には、 どう応えるのか。熱いまなざしが注ぐ。

*【今週の風考計】は、JCJWEB掲載の週刊コラムです。

posted by JCJ at 12:39 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック