2010年06月27日

【今週の風考計】

★いま世界の眼がアフリカに向く。アフリカの貧困撲滅もそうだ。「国連ミレニアム開発目標(MDGs)」の中間報告では、 アフリカなど、途上国での改善が大幅に遅れているという。このままでは「多くの目標が達成できない」と指摘した。★世界の新生児の40%は、 生後28日以内に合併症や感染症で死亡、そのほとんどが途上国だ。5歳未満の子どもが毎日2.4万人も死亡。世界では毎年、 35万人の女性が出産時に命を落としている。★G8は、途上国の母子保健対策を強化する「ムスコカ・イニシアチブ」を発表した。 今後5年間に総額4500億円の支援を約束。だが5年前のG8で合意した途上国支援の約束は、いまだ守られず、 現在200億ドルが不足している。その場しのぎはダメ。G8は約束を着実に果すのか、世界の目は厳しく見つめている。

*【今週の風考計】は、JCJWEB掲載の週刊コラムです。

posted by JCJ at 19:09 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック