2011年02月28日

菅直人は「日本のヨシュカ」か? =水島朝穂

 2004年5月に「年金未納問題」で民主党代表を辞任し、その7月、頭をまるめて四国八十八カ所巡りに出たときの「お遍路さん・ 菅直人」の写真である。
 「完歩証」を手に微笑んでいる。ドイツの一流週刊紙“Die Zeit”が菅内閣発足にあたって出した記事のなかで使われたものだ (Die Zeit vom 10.6.2010,S.7)。タイトルは「日本のヨシュカ」。 「菅直人新首相は古い政治システムとの文化的断絶を約束するが、しかし…」と続く。記事は菅首相の経歴が、 学生運動から市民運動を経て政党政治に至ったフィッシャー(Joschka Fischer、 1948年生まれ) ドイツ元外相のそれと似ているとする。ただ、記事は菅内閣発足時のものなので、ドイツでもほとんど忘れられているだろう。私も忘れていた。 8カ月たって、資料の山のなかにあるのを偶然見つけて読みなおし、これは違う、と思った。菅直人は「日本のヨシュカ」ではない。

(続きを読む)

posted by JCJ at 23:34 | TrackBack(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック