2013年08月01日

副総理の麻生氏、憲法改正で「ナチスの手口学んだら」と発言(2)――麻生氏「誤解招いた」と発言を撤回、それでも消えない違和感

 副総理兼財務相の麻生氏は7月29日の講演のなかで、日本の安倍政権が意欲をみせる「憲法改定」に関連して、戦前ドイツのナチス政権時代に言及し、「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」と述べていた。
 この件で麻生氏は1日午前11時前、発言は「誤解を招く結果となったので撤回したい」と述べ、「喧騒に紛れて十分な国民的理解及び議論のないまま進んでしまったあしき例として挙げた。極めて否定的にとらえていることは、発言全体から明らかだ」などと釈明した。麻生氏は、用意した紙をみながら読み上げ、て「例示が誤解を招く結果となったので撤回する」として、発言撤回を表明した。その後、同じ内容のコメントも発表した。

(JCJふらっしゅ「Y記者のニュースの検証」=小鷲順造)

 ただし、東京新聞の「発言要旨」、後述する朝日新聞の「要旨」「詳細」を読む限り、麻生氏の釈明「あしき例として挙げた」「極めて否定的にとらえていることは、発言全体から明らか」等を、そのまま受け入れることは困難である。やはり、麻生氏の発言は、「ナチスのように誰も気がつかない間に改憲を」(東亜日報の見出し)の意味でなされたと受け止められてもおかしくないものである。自民党の復古改憲国家主義路線に同調する聴衆を前に、お得意のサービス精神をこめた「檄」を飛ばすつもりの「発言だったが、それが世界を敵に回す大暴言となった、ということではないのか。

 麻生氏は、「例示が誤解を招く結果となったので」という理由で、戦前ドイツのナチス政権への言及自体を「撤回する」としている。この件で、菅義偉官房長官は同日、「安倍政権としてナチス政権を肯定的にとらえることは断じてない」(各紙)と強調し、「わが国は戦後一貫して平和と人権を徹底的に擁護する社会を築き上げ、国際社会に貢献してきた」と語った。麻生氏本人から、同じ言葉を発言撤回の理由として聞きたいものである。

 麻生氏のナチス政権を肯定的にとらえるような発言に対しては、野党から抗議と反発の声があがっていたが、朝日新聞によると、この日、自民党の外相経験者は「ナチスにたとえるのは不適切。まったくお粗末な人だ」、同党のベテラン参院議員は「あの発言はひどい。撤回するのは当たり前だ。参院選期間中でなくてよかった」との声が出ているという。

 朝日新聞は、麻生氏が問題発言を行った7月29日の夜に、<「護憲と叫べば平和が来るなんて大間違い」麻生副総理>の記事を出したが、「ナチスの手口に学べば」の発言にはまったく触れなかった。今日(8月1日)の朝刊4面(13版)で、「気づかぬうちにナチス憲法に。手口学んだら」の記事を出し、麻生氏発言に野党反発の記事と発言の要旨を掲載した。

 また同紙は、月が変わって1時間後から、<麻生副総理発言、野党が批判 「発言撤回と辞職求める」(1時15分)、<ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言>(1時17分)、「麻生副総理の憲法改正めぐる発言要旨」(1時35分)、「麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細」(2時18分)と矢継ぎ早に、WEBに関連記事をあげた。

 最初の<麻生副総理発言、野党が批判 「発言撤回と辞職求める」の記事では、31日、社民党の又市征治幹事長が、麻生氏の発言について「断固糾弾し、発言の撤回と閣僚及び議員辞職を求める。麻生氏の歴史的な事実に対する認識不足は疑うべくもない。ナチス賛美は欧州連合(EU)諸国などで『犯罪』であるという事実にも留意すべきだ」とする談話を発表したことを告げ、共産党の志位和夫委員長もツイッターで「(ドイツの)国会放火事件をでっち上げ、『全権委任法』を成立させ、憲法を機能停止させた(ナチスの)手口に学べというのか」と批判したことを、報じた。

 2番目の<ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言>の記事では、米国の代表的なユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・ロサンゼルス)が30日、批判声明を発表し、「真意を明確に説明せよ」と求めたことや、韓国外交省、中国外務省からの批判を報じた。また、「麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細」は、まさに「詳細」に記録されている。麻生副総理の今回の重大な発言を検証する上で、貴重な資料となっている。

 前回、この件をめぐる朝日新聞の取り上げ方について指摘したが、立ち上がりの遅さは否めない。「発言の詳細」は貴重だか、第一報でナチスの「あの手口を学んだらどうか」の部分を落としたまま推移し、詳細な報道が麻生氏が「発言撤回」を表明する日の未明、あるいは朝刊までずれ込んだことを、読者にどのように説明するのだろうか。

 朝日新聞ばかりではないが、新聞を複数紙とって読み比べている読者は少ない。その新聞で報じられなければ、読者は知らないのである。これはテレビも同様である。きょう(8月1日)の朝、麻生氏の釈明と発言撤回をテレビでみて、初めて、そんな重大なことを起きていたと知った人も多かったものと思われる。放送各局のこの問題への取り組みはどうだったのかについても、新聞同様、しっかりした検証がなされるべきだろう。

 私の中では毎日新聞もこの問題について、影が薄い印象があったが、同紙のサイトでざっとみると、7月31日夜に共同通信の「韓国:麻生氏「独ワイマール改憲に学べ」発言を批判」の記事、「麻生氏講演:米のユダヤ系人権団体が抗議」の記事、8月1日付でベルリンから<麻生副総理:「国際的怒りを買った」と独紙 ナチス発言に>の記事、そして<麻生副総理:「ナチスに学べ」発言を撤回 「誤解招いた」>の記事へと至っているが、やはり、物足りなさを否めない。

 麻生氏の発言が放談調で、尻尾も真意もつかみにくく、失言問題での対応もはぐらかしがうまくなっているとの思い込みもあり、問題発言と認定して動くための基礎固めや裏取りにむだに時間をとられかねないこと、参院選で自民党が大勝した直後のことであり、そのことに危機をまるだしにして大物閣僚に挑めば、政治家からも、読者からも「負け犬の遠吠え」といわれかねないなどの萎縮した姿勢もあったかもしれない。それぞれのマスメディア企業内部に、葛藤も困惑、混乱もあったものと推察されるが、これだけの重大問題を前にして、結局、海外からの批判の高まりを待つような姿勢はなかったか。また、麻生氏側の、2日から7日までの6日間の臨時国会前に幕を引こうとする動きに、引きずられるようなことはなかったか。依然、気になっている。

 麻生氏の「発言撤回」表明までの報道で、リードしている感があったのは、ウオールストリート・ジャーナル(WSJ)の<麻生財務相に非難の嵐−「ワイマール憲法」発言で>の記事だった。英文の「Japan Minister's 'Weimar Constitution' Comment Draws Fire」が31日の未明に出、日本語訳は同日夜に出された。

 書き出しは、「麻生太郎副総理兼財務相は、平和憲法の改正のモデルとして日本が戦前ドイツのナチス政権時代に目を向けるべきだと一部の人々に解釈されかねないような発言をしたとして批判を浴びている。ただ、麻生氏の側近たちはそうした意図を否定している」。

 麻生氏のこの発言の報道を受け、ユダヤ人の人権団体と、日本の旧植民地の韓国から、直ちに批判が起きたこと、麻生氏は今年これまでにも、靖国神社を参拝して韓国の反感を買っていたことを伝え、麻生氏の「発言」について同紙の事務所に問い合わせると、麻生氏は31日、地元の九州にいて、コメントは取れないと述べたという。

 また麻生氏の事務所は、1)麻生氏の発言は文脈を無視して引用されていて、麻生氏はナチス・ドイツを称賛するようなことは何も言っていないと説明、2)むしろ、麻生氏は、憲法論議は静かな環境で進めるべきだとの認識を強調したものだと、話したという。

――大臣秘書官の1人、村松一郎氏は「ワイマール憲法改正の事例について、反面教師としてとらえた方がいいとの趣旨」と述べ、さらに、「感情的に議論していると、誤った方向に行く。憲法改正は慎重に議論すべきだと言っている。大臣は、ナチス憲法の方がいいと言っているのではない。(憲法改正のやり方でナチスから学ぶ点があると発言が受けとめられているとすれば)大臣の意図とは間逆だ」と続けた――という。

 この記事を読んで、麻生氏は火消しのシナリオが固まるまで表には出てこないだろうということと、そのシナリオは、おそらくこの線で固められるのだろうと考えていた。

 記事は、共同通信の報道姿勢、麻生氏の発言の特性、韓国の反応、サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)の声明の件へと続き、そして、日本政府の対応。――日本の政府報道官はコメントを避け、この問題は麻生氏の問題だと述べた。菅義偉官房長官は31日の会見で、麻生氏の発言への認識を問われ、「麻生副総理が答えるべきだ」と述べるにとどまった――ことを報じている。

 記事の最後は、麻生氏は失言や政治的論争と無縁ではないことの例として、2001年に経済財政相だった麻生氏は外国特派員クラブで行われた講演で、「日本に外国人が働いていることは良いことだと思う。独断と偏見だが、金持ちのユダヤ人が住みたくなる国が良い国だと思う」と述べたことがあった――と記して締めている。

 「日本の政府報道官はコメントを避け、この問題は麻生氏の問題だと述べた」
 <菅義偉官房長官は、麻生氏の発言への認識を問われ、「麻生副総理が答えるべきだ」と述べるにとどまった>

 この記事を読んでいたことで、麻生氏の「発言撤回」の理由づけと、その後の菅官房長官の「安倍政権としてナチス政権を肯定的にとらえることは断じてない」「わが国は戦後一貫して平和と人権を徹底的に擁護する社会を築き上げ、国際社会に貢献してきた」とのコメントの対比が、私のなかで鮮やかに浮かび上がったことも付け加えておく。

 このウオールストリート・ジャーナルの記事とあわせて、もうひとつ、ここで取り上げておかねばならない記事がある。1日付の琉球新報の社説<麻生氏「ナチス」発言 看過できない重大問題だ>である。

 書き出しは、「失言・放言癖のある人だから、では済まされない重大発言だ」。
 「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」との麻生氏の問題発言について、「当時、世界で最も民主的で先進的といわれたワイマール憲法を現在の日本国憲法になぞらえて、改憲の必要性を説く中で出た言葉である」と紹介、そのまま「麻生発言の向こう側に、ワイマール憲法破壊後に戦争に突き進んだナチス政権と、憲法を改正して国防軍創設などを目指す自民党、安倍政権の姿勢が重なって見えると言ったら言い過ぎだろうか」、と鋭く斬り込んでいる。

 そして、ナチス政権の政策と安倍政権の対比、検証が繰り返される。

――1933年の政権奪取後、ナチス政権は「一家に1台フォルクスワーゲン」のスローガンの下でアウトバーン建設など公共工事を推し進めて景気を回復。一方で、反ユダヤ主義などでナショナリズムを刺激し、政権基盤を固めた。
 その「手口」に学び、アベノミクスによる景気回復を強調し、尖閣などの領土問題や歴史認識問題でナショナリズムを刺激する。こうした中で「改憲やむなし」の空気を醸成する。そういうことか。――

――ナチス政権は国会議事堂放火事件を政治利用し「緊急事態」に対処するためとして、内閣に立法権を一時的に付与する「全権委任法」を成立させた。同法を根拠にナチス以外の政党の存在を認めずに、独裁と戦時体制を確立したのだ。
 自民党の憲法改正草案も98条と99条で「緊急事態」に関する規定を設けている。有事や大規模災害時に、法律と同等の政令を制定することができるなどの権限を内閣に付与するものだ。これもナチスの「手口」に学んだのか。――

 社説は、「自民党、安倍政権の改憲目的は、戦時体制を整えるためにあるのかと思われても仕方があるまい」と指摘、「しかし、緊急事態規定がいかに権力によって乱用され、悲劇的な結果を招くかはナチス政権を見ても明らかだ」と、政権に向かい警鐘を鳴らす。

 続いて国民に対して、「昨年の衆院選での自民党同様、ナチス政権も民主的制度の下で合法的に政権を奪取した。しかしその後に、かつての日本と同様に戦争への道を歩んだということを、国民は肝に銘じる必要がある」と提言。

 最後に、「首相の任命責任も重い。麻生氏は民主主義を否定するつもりはないとも述べたが、額面通り受け取る人がどれだけいるだろうか」と書いて締めている。

 この社説もぜひ、全文に目を通されることをお勧めする。

 麻生氏は、その引きずる尻尾をちらりと見せたが、臨時国会を前にあわてて幕引きを謀った。そのまま彼らに幕を引かせる必要はない。その主導権は、市民の側にあるのだ。

 昨年末の自民党の政権復帰、そして先日の参院選での自民党の大勝。

――1933年の政権奪取後、ナチス政権は「一家に1台フォルクスワーゲン」のスローガンの下でアウトバーン建設など公共工事を推し進めて景気を回復。一方で、反ユダヤ主義などでナショナリズムを刺激し、政権基盤を固めた。
 その「手口」に学び、アベノミクスによる景気回復を強調し、尖閣などの領土問題や歴史認識問題でナショナリズムを刺激する。こうした中で「改憲やむなし」の空気を醸成する。そういうことか。――

 麻生氏の「ナチス」発言を、看過できない重大問題として取り上げ、しっかりとした社説にまとめ上げた琉球新報に、心から賛同ととエールを贈りたい。

(こわし・じゅんぞう/日本ジャーナリスト会議会員)

(つづく)

副総理の麻生氏、憲法改正で「ナチスの手口学んだら」と発言(1)
――日本のジャーナリズムの真価・真贋が問われている


麻生氏、ナチス発言を撤回 「改憲の悪しき例上げた」(朝日新聞1日)
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010043.html
麻生氏が発表したコメント全文(朝日新聞1日)
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010051.html
「撤回は当然」与党からも批判 麻生氏のナチス関連発言(朝日新聞1日)
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010052.html?ref=reca
麻生副総理発言、野党が批判 「発言撤回と辞職求める」(朝日新聞7月31日)
http://digital.asahi.com/articles/TKY201307310561.html
ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言(朝日新聞1日)
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310603.html
麻生副総理の憲法改正めぐる発言要旨(朝日新聞1日)
http://www.asahi.com/politics/update/0731/TKY201307310562.html
麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細(朝日新聞1日)
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html
韓国:麻生氏「独ワイマール改憲に学べ」発言を批判(毎日新聞7月31日)
http://mainichi.jp/select/news/20130801k0000m030060000c.html
麻生氏講演:米のユダヤ系人権団体が抗議(毎日新聞1日)
http://mainichi.jp/select/news/20130801k0000m030066000c.html
麻生副総理:「国際的怒りを買った」と独紙 ナチス発言に(毎日新聞1日)
http://mainichi.jp/select/news/20130801k0000e030206000c.html
麻生副総理:「ナチスに学べ」発言を撤回 「誤解招いた」(毎日新聞1日)
http://mainichi.jp/select/news/20130801k0000e010242000c.html
麻生財務相に非難の嵐−「ワイマール憲法」発言で(WSJ7月31日)
http://realtime.wsj.com/japan/2013/07/31/%E9%BA%BB%E7%94%9F%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9B%B8%E3%81%AB%E9%9D%9E%E9%9B%A3%E3%81%AE%E5%B5%90%EF%BC%8D%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%80%8D%E7%99%BA%E8%A8%80/
原文(英語):Japan Finance Minister's 'Weimar Constitution' Comment Draws Fire
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/07/31/japan-finance-ministers-weimar-constitution-comment-draws-fire/
麻生氏「ナチス」発言 看過できない重大問題だ(琉球新報8月1日)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-210369-storytopic-11.html

posted by JCJ at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック