2013年09月13日

【JCJ声明】特定秘密保護法案に反対する声明

 日本ジャーナリスト会議は、政府が概要を発表し、パブリックコメントの募集に入った「特定秘密の保護に関する法律案」(特定秘密保護法案)に反対の意思を表明し、国民のみなさんが、国民の「知る権利」を奪うこの法案の反対に立ち上がるよう訴える。
 今回の特定秘密保護法案は、これまで、私たちが反対運動を続けてきた「秘密保全法案」の名称等を変え、問題点をカモフラージュしたもので、その本質は、変わっていない。しかも、まだ連立与党の間ですら調整が付いておらず、法案の作成過程や内容の説明もできていないにもかかわらず、わずか2週間のパブリックコメント公募を求めるなど、手続き的にも極めて乱暴なやり方を取っていることなど、到底受け入れるわけにはいかない。

 特に、今回明らかにされた法案の概要に寄れば、「秘密保全法案」では、(1)国の安全(2)外交(3)公共の安全と秩序の維持ーの3分野の情報のうち「国の存立にとって重要な情報」としていた「特別秘密」を、(1)防衛(2)外交(3)安全脅威活動(4)テローの4分野に変更している。しかし、この「安全脅威活動」や「テロ活動防止」には歯止めがなく、「その被害の発生・拡大のための措置またはこれに関する計画もしくは研究」がすべて対象にされたり、「収集した国際機関または外国の行政機関からの情報その他重要な情報」について、この情報を漏らし、取得し、そのために共謀し、それをそそのかしたりすると「懲役10年以下の厳罰に処する」という法案の性格は変わっていない。

 当然報道関係の取材が処罰対象にされかねず、報道の自由に大きな影響を与え、国民の知る権利が制約されることになる。

 私たちは、戦前の政府と軍部が「軍機保護法」などで国民の目と耳をふさぐことによって、侵略戦争の道に突き進んでいった苦い経験を忘れるわけにいかない。安倍内閣が明文改憲だけでなく、法律を変えたり作ったりする中で、実質的に改憲の道を進めようとしている状況の下で、この特定秘密保護法の策動を許すわけにはいかない。

 国民の皆さんがこぞって、この法案への反対に立ち上がってくださることを改めて呼びかける。

2013年9月12日
日本ジャーナリスト会議


 

posted by JCJ at 18:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | パブリック・コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
        真如より来る情報と六感

 「情報過多的人間」という浜田知明さん《版画家》《彫刻家》の作品をご覧頂いて、只今日本に住んでいる日本中の人々が真剣に考えてもらえたら有り難いと存じます。この作品はインターネットで見る事が出来ます。
 作品の題名が抜けていたら付いていなかったら「何これ」と思うような格好をした人間像ですが、情報が多すぎる場合の人間という題なのに逆ではないだろうかと思う姿態をしています。
 何故こんな作品が生まれたのかその原因を国民こぞって考える時が今でしょう。
 特定秘密保護法案が国会審議されている今だからこそ鑑賞して戴いて日本の進むべき方向をしっかり考えご自身の意思意向をはっきり決め行動を起して欲しいと存じます。
 眼・耳・鼻・舌・身・意が知覚する世界が真如からそのまま来る歪められずに普通に来るのであれば作品のような人間像にはならなかったのでは。情報が異常を来たし真如が来なくなり意義異論を立て始め異心異聞を聞くようになった場合、あるいは真如が秘密に隠されるようになつた場合の情報を確かめるには耳を次第に大きくせねばならなかったり、臭覚を鋭く犬以上の突き出た鼻にして嗅ぎ分けたり進化論的に身体の各器官を発達させ化けた姿にならねばならない程の空気の中に住まわされていた時代の方が作品化した思いを現代の情報に不自由しない時代に生きている日本中の人が受け止めて欲しいですね。この法案が審議されている時も眠り続け、やがて不自由の時代を迎えてアガク民に成り下がるのか、今その危険を察知して目覚めて行動を起し政治家へ意思を届けるのか、日本の分かれ道にさしかかっている時でありましょう。
Posted by 禿    浩  道 at 2013年11月23日 12:30
憲法学者と法学者等学者の連盟、そして、行政から独立して司法を守っている弁護士連合会(登録必須なのだそうです)、彼らも行政の悪意によって存亡の危機感がないわけでもない。

この方達と連絡を取り合いつつ、各市民団体が、意見表明以上に何か行動を取れる物事。を、考えていけないか?と考えております。魅力的なアクションを、期待しています!
Posted by 小山久美子 at 2013年12月08日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック