2013年10月13日

【今週の風考計】10.13

「ひみつのアッコちゃん」ならぬ、<ひみつ、秘密のアッべちゃん>が、15日から開かれる臨時国会に躍り出てくる。安倍首相は、特定秘密保護法案の成立に執念を燃やす。秘密という文字には、常にマイナスの意味がつきまとう。「謀は密なるを以ってよしとする」が示すように、これまで政府は、たびたび日米の防衛・外交交渉は、秘密を前提に、不都合な真実を隠してきた。佐藤栄作首相の「非核三原則」破りは、その典型だ。安倍政権は、さらなる軍事情報の漏えい防止を求める米国の要請を受け、これまで以上に秘密の範囲を拡大し、罰則も懲役10年に厳罰化する。恣意的な運用によっては、国会の国政調査権すら侵害しかねない。メディアの取材や報道は規制され、国民の「知る権利」が脅かされる。公明党は「知る権利」の明文化を自民党に申し入れているが、これまた密室の協議だ。国民の目と口をふさぐ弾圧法の本質が、なんら変わるわけではない。現にメディアに提供された法案資料は、墨塗りだらけ。国民の生活や命にかかわる原発情報すら、闇に隠されるのは必至だ。安倍政権の暴走を許すな。(2013/10/13)
posted by JCJ at 10:11 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック