2014年03月23日

【今週の風考計】3.23

やくみつるさんの1コマ漫画「UNIQ労」には胸を衝かれた(朝日3/22付)。ネームに「労働形態もユニークに─ユニクロ、1万6000人地域限定正社員化」とある。そもそも「地域限定正社員」とは何なのか。本来、正社員に地域も限定も無限定もあろうはずがない。ところが安倍政権の<雇用改革>では、現行の正社員を、無限定正社員と限定正社員に分けるという。無限定正社員は裁量労働制による勤務とし残業代なし、かつ異動や転勤命令などに従わなければならない。限定正社員は職務・勤務地域・労働時間などを限定するが、職務や勤務地域での仕事がなくなれば解雇もある。派遣労働の全職種への導入も推進する。もはや会社には「正社員」など、いなくなるのは目に見えている。この<雇用改革>によって、労働コスト42兆円が削減できるという。この路線にユニクロは乗っただけなのだ。「正社員」の名に騙されてはいけない。官制春闘・アベノミクス賃上げといい、政府・企業一体となった、うさんくさいパフォーマンスに踊らされるな。ウラでは搾り取る政策作りが進んでいるのだから。やくみつるさんは、それを指摘したかったのだ。(2014/3/23)
posted by JCJ at 07:26 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック