2014年09月05日

■10・10 JCJ出版部会例会<慰安婦問題と「朝日」バッシング>

 日中韓の外交にとって、「従軍慰安婦問題」への対処は、緊急な課題となっている。朝日新聞が、慰安婦の強制性を明かす吉田証言の誤りを認め、経緯を紙上で公表して以降、新聞・週刊誌を含め、メディアの「朝日」バッシングはとどまるところを知らない。<性奴隷としての慰安婦>は虚偽だったとの発言まで飛びだす。なぜ、何がそうさせているのか。
※講師に予定していた藤田博司さんが5日、急性心臓死のため亡くなられました。氏の生前のご活躍を偲んでご冥福をお祈りします。
 代わって青木理(ジャーナリスト)さんが、講師を務めます。誘い合わせご参加ください。

日時:10月10日(金)午後6時開場 6時半開会
会場:岩波セミナールーム3F(地下鉄半蔵門線、都営新宿線・三田線、神保町下車)
講師:青木理(ジャーナリスト)+篠田博之(「創」編集長)
会費:500円(JCJ会員・学生300円)
主催:日本ジャーナリスト会議 出版部会
案内チラシ(地図付)
*印刷用ファイルのため、開くまで時間がかかる場合があります。
問い合わせ先:日本ジャーナリスト会議(JCJ)
電話03−3291−6475

posted by JCJ at 13:41 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック