2015年07月12日

【今週の風考計】7.12

日刊ゲンダイ(7/9付)が一面で「すべての矛盾を強行採決でチャラの狂気」と大見出しをつけ、<国会答弁の支離滅裂とデタラメ、あらゆる学者の反発、広がる反対運動に自滅的な言動も加わり、暴走を加速させている狂乱政権を許していいのか、これは「知性」と「暴力」の闘いだ>と喝破する。これほどズバリ核心を突く「論点明示報道」はない。この15日にアベ政権は「戦争法案」を強行採決する。どんな異論や反対意見があろうとも、耳を貸さず突っ走る。五輪会場となる新国立競技場の建設も同じだ。総工費は2520億円。当初予算の2倍。その後のスタンド増設、屋根建設、修繕費などを加えれば5千億を突破する。全て国民からの税金だ。このデタラメさは極まる。川内原発の再稼働も同じ。核燃料157体の装填作業が4日がかりで完了した。緊急事故に対する避難計画や火山爆発への対策もあいまいなまま、8月10日の起動へ突っ走る。口永良部島が突然の噴火をしただけに、住民の不安は増す一方だ。「アベ政治は許さない」─このポスターを、18日(土)午後1時、全国、津々浦々で掲げよう。俳人の金子兜太さんが文字を書き、澤地久枝さんたちが呼びかける。彼女のHP(hisaesawachi)にアクセスして、ポスターをダウンロードして活用しよう。(2015/7/12)
posted by JCJ at 10:00 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック