2016年07月16日

【鳥越俊太郎氏を支持するアピール】東京都知事選挙で鳥越俊太郎氏の勝利を! 住んでよし、働いてよし、環境によし――都民による都民のための都政を実現しよう=千代田区労協

 舛添要一前都知事は「公私混同疑惑」で辞任を余儀なくされ、7月14日告示、同31日投票で東京都知事選挙がたたかわれることになった。この選挙は、都民本位のくらしを守るという大命題とともに、安倍暴走政治に鉄槌を下す機会でもある。
 この都知事選挙に、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが立候補を表明した。その立候補を民進、共産、生活、社民の各党が支持・擁立、参議院選挙の1人区と同じように「野党共闘」が実現した。私たちはこれを歓迎する。

 鳥越氏は立候補にあたって、「住んでよし、働いてよし、環境によし」の東京をめざすとしている。今後さらに政策的肉付けが行われることになるが、これらは都民本位の都政を目指すものとして評価できる。
 鳥越氏は、ジャーナリストとして安倍政権の暴走を一貫して批判してきた。中でも特定秘密保護法と安保法制(戦争法)については、法案が出る前から反対の声を上げてきた。平和と民主主義を守る運動の、先頭に立ってたたかってきた一人である。
 報道によれば、鳥越氏は参議院選挙の結果を受けて、「何とかしなければならない」という思いに駆られ、都知事選挙への出馬を決意したという。その思いに今度は私たちが応える番だ。

 石原都政13年間、猪瀬・舛添都政4年間の失われた時間≠取り戻すチャンスである。いまこそ、都民による都民のための都政の実現、チェンジのために全力をあげてたたかうことを呼びかける。同時に加盟組合のみなさん、個人のみなさんのご支援とご協力を心からお願いするものである。

2016年7月14日
千代田区労働組合協議会 常任幹事会


*鳥越 俊太郎(東京都知事候補)公式サイト http://www.shuntorigoe.com/

posted by JCJ at 08:03 | TrackBack(0) | パブリック・コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック