2017年02月12日

■02・12 JCJ緊急講演会 《メディアを蝕む報道の自己規制》…萎縮、忖度、自己規制の裏に潜む日本のマスメディアの負の構造と体質=日本ジャーナリスト会議(JCJ)

日時:2月12日(日)13時半〜16時
会場:日比谷図書文化館4F会議室
資料代:1000円(学生500円)
講師:上出義樹氏(元北海道新聞記者)

 新聞やテレビは、事実をあるがままに伝える公共的な使命がある。しかし現実には、情報源との親密な関係や社内外からの直接、間接の圧力などにより、ニュースの内容が手加減されたり、ニュース自体が差し止められたりする報道の自己規制(自主規制)が常態化している。
 講師の上出義樹氏は新聞社を退職後、「報道の自己規制」をテーマに大学院で研究を重ね、論文にまとめ上げた。昨年夏には、同名の著書を刊行した。上出氏に、自己規制の問題と背景にあるマスメディアの日本的な負の構造・体質について検証してもらう。
日時:2月12日(日)13時半〜16時
会場:日比谷図書文化館4F会議室
   丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
   都営地下鉄三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
   千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
   JR新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分
   地図 http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
資料代:1000円(学生500円)
<主催>日本ジャーナリスト会議(JCJ)
電話03―3291―6475 メール: office@jcj.gr.jp

posted by JCJ at 10:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック