2017年10月26日

【映画の鏡】ホロコーストを家族の目から「ブルーム・オブ・イエスタディ」親衛隊と被害者、男女の孫の邂逅 = 今井 潤

 7面 main.png  ホロコースト研究所に勤めるトトはナチスの親衛隊だった祖父を告発した著書が世間から評価された。そして2年かかって企画している「アウシュヴィッツ会議」の開催準備に取りくんでいるが、すぐに感情的になる性格から、新たに責任者になったバルタザールに殴りかかり、問題を起こした。
 そこへ、フランスからインターンのザジを迎える。彼女は迎えの車がベンツと知ると怒り、ユダヤ人の祖母がベンツのガストラックでナチスに殺されたとトトに食ってかかる。
 「アウシュヴィッツ会議」のスポンサー探しのためにトトとザジはホロコーストの生還者である女優のルビンシュタインに会うことを命じられるが、ここでもトトが女優を怒らせてしまう。彼女は会議のスポンサーを降りてスピーチもやめると言いだし「被害者の苦しみより人生の成功話をしたいわ」というのに腹をたてて、「あの悲劇がわかっていない」と暴言を吐いてしまったのだ。
 思わぬ展開から、二人はかつてナチスに支配されたラトビアのリガへ向かう。このリガのギムナジウム(学校)でトトとナジの祖父母は同級生だったことがわかったのだ。映画は殺された者と殺した者との和解が成り立つのかを問う。
 監督のクリス・クラウスはホロコーストについて沢山語られてきたが、誰もそれを自分の家族のこととして考えていない。戦争における犯罪の再検証はもういい。それよりも今を生きる我々がどう前向きに生きるか、それが映画の果たすべき社会的役割でもあるのだと語っている。(9月30日より渋谷ル・シネマで公開) 
posted by JCJ at 14:31 | 映画の鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする