2018年06月03日

【今週の風考計】6.3─「G7サミット」出る幕ナシの安倍首相

世界中をヤキモキさせた「米朝首脳会談」が、前の決定通り12日にシンガポールで開催される。北朝鮮問題で蚊帳の外に置かれた安倍首相、急きょ7日に訪米しトランプ大統領と会談する。
必死に認識をすり合わせ、翌日8日、カナダで開かれるG7サミットに列席する。この会議には韓国も加わる方向で調整中だ。

朝鮮半島の非核化は、もう「米・韓・朝」の論議が肝心要となっている。いくらあがいても安倍さんがG7サミットの舞台で出る幕はない。しかも、このG7サミット、米国との間で討議が紛糾すること間違いない。
米国が発動する鉄鋼などの輸入制限に、EU諸国・カナダ・日本も含め、こぞって「懸念と失望」を表明し、対立は深まるばかり。米国の金利引き上げによる新興国の通貨暴落も深刻だ。米国アマゾンなどの多国籍企業への課税も緊急テーマとなっている。トランプ大統領のポチ・安倍さんは、どう対応するのか。

イタリアでは国債などの巨額な累積債務がGDP比130%・世界6位と悪化し、スペインでも政権与党の構造汚職が糾弾されて政権交代するなど、<南欧リスク>が高まっている。日本だって<債務リスク>に直面している。累積債務は1311兆円・GDP比236%・世界でトップ。安倍さん、どうするの?

「モリ・カケ疑惑」が再炎上、国会での追及を逃れるために、矢継ぎ早の外遊日程を組んでもダメ! 20日には通常国会の会期末を迎えるが、7月10日頃まで会期を延長し、カジノ悪法などの強行可決をもくろむ。
しかも安倍さん、もう7月12日には、日本博「ジャポニスム2018」の開幕に合わせ、フランス訪問を計画する。総裁3選に向け、昭恵夫人ともども日本を留守にしていたい思惑が見え見えだ。(2018/6/3)
posted by JCJ at 11:54 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする