2018年11月30日

JCJ12月集会・講演「調査報道でえぐる社会の実相」=須貝

JCJ12月集会
「調査報道でえぐる社会の実相」――桶川ストーカー殺人事件から冤罪、歴史検証まで――
12月9日(日)午後1時半から5時
会場:専修大学(神田キャンパス)5号館551教室
東京都千代田区神田神保町3―8JR水道橋駅から徒歩7分、地下鉄九段下駅・神保町駅から同3分
講師:日本テレビ報道局特別解説委員・清水潔さん
資料代:500円(学生・専大教職員は無料)

▼講師の清水潔さんは、女子学生が殺されたスートーカー事件の真相を週刊誌の記者として追及、犯人を捜しあてた。同時に捜査の手抜き・隠ぺいをした埼玉県警の腐敗を暴く。2001年に『桶川ストーカー殺人事件―遺言』で
JCJ大賞を受賞。
日本テレビに移った後、足利事件の冤罪を明らかにし、さらには旧日本軍が起こした南京事件を検証し、NNNドキュメント'
15「南京事件〜兵士達の遺言」でギャラクシー賞優秀賞、同'
18「南京事件U〜歴史修正を検証せよ」でJCJ賞を受けた。調査報道の意味と方法、その成果を語っていただく。

主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)
電話03・3291・6475(月水金の午後)
東京都千代田区神田神保町1−18−1千石屋ビル402号


posted by JCJ at 14:27 | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする