2019年11月27日

講座:東京新聞「税を追う」キャンペーン――いかに取材したか

《19年秋のJCJジャーナリスト講座》
「JCJ大賞・東京新聞税を追う<Lャンペーン――いかに取材したか」
★11月29日(金)午後6時半から9時★
 講師;東京新聞社会部・鷲野史彦記者

「税を追う」取材班キャップ
東京新聞社会部は2018年10月末から「税を追う」キャンペーンを始めた。米国からの兵器大量買いが日本の防衛予算をいかに歪めているか、危うい実情を明らかにした。沖縄・辺野古の新基地建設、五輪事業費問題にも取材は広がっていった。19年度のJCJ大賞を受賞。鷲野記者は取材班キャップを務めている。
【鷲野史彦記者の略歴】
1971年生まれ。93年に中日新聞に入社。中日スポーツに4年(Jリーグ名古屋グランパス、プロ野球中日ドラゴンズなど取材)、松任支局(石川県・現白山支局)、北陸報道部、東京社会部、さいたま支局を経て、2011年から社会部で警視庁キャップ、原発班、遊軍で東日本大震災の被災地取材などを担当。16年に浜支局デスク、17年8月から東京社会部、18年8月から調査報道班(税を追う取材班)のキャップ。

会場:日比谷図書文化館4階小ホール
 (東京・日比谷公園内、最寄りは地下鉄内幸町駅か霞ヶ関駅)
参加費:1000円(定員40人)
□受講ご希望の方へ□
要予約:参加ご希望の方は氏名、受講希望日、大学名(または職業など)、電話番号、メールアドレスを明記して、sukabura7@gmail.com にメールで申し込んでください。
お問い合わせ 日本ジャーナリスト会議・事務所 電話03・3291・6475=月水金の午後対応
posted by JCJ at 22:51 | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする