2020年03月15日

【今週の風考計】3.15─休校の孫2人を預かって痛切に感じる事

安倍首相が突然「小中高の一律休校」を指令してから、1週間たった8日、都心に住む息子から小学校に通う2人の子供を預かってほしいと、泣き言が入った。
 共働きの中やりくりしてきたが、どうしても昼間の面倒が見られない事態になったという。郊外の拙宅で預かるのを承諾し、この1週間、老夫婦で面倒を見てきたが、3度3度の食事だけでなく、宿題をやらせゲーム時間を抑えるなど、その大変さが実感できた。
 預ける場所や親類のいない親は、どれほど苦しんでいるか、察して余りある。

まず朝、2人の孫の体温を測り、宿題の進捗を報告せねばならない。小学3年の孫には、国語の漢字書き取り、童話の感想文。算数はドリル、理科はキッドで「おもちゃ作り」、社会はタブレットを使った新聞づくりなどが並ぶ。
これを2週間ほどで、こなさねばならないのだから、老爺心ながら子供のシンドサは思いやられる。さらに宿題一覧表の最後には、「あまった時間は読書やスタディアプリなどを使って学習しましょう。おうちですごせる工夫をしましょう。みんなで協力してこのくなんをのりこえましょう!」の一文まで書かれている。

小学3年の孫に宿題をやらせるうえで最も苦しんだのが、貸与されたB5版タブレットの小さい画面を使っての新聞づくりだった。文字入力の仕方から、割り付け、写真の取り込み、見出しづけの工夫、どれも中途半端な理解をしている孫だけに、時間のかかること甚だしい。
 四苦八苦、キーッとなる孫をなだめながら、やっと仕上がった新聞は、タブレットから担任の先生に直接送信する。いまやパソコン教育がここまで進んでいることに驚かされた。
と同時に3年生すべてが、ここまでタブレットを使いこなせるのか、疑問に思った。授業についていけず、親も手助けできなければ、落ちこぼれが進むのは必然だ。子供をパソコンン教室に通わせている親もいるという。その費用が払らえる親ならいい。貧しき者はどうなる。
 誰もが等しく教育を受け、能力が身につくよう、学校もカリキュラムへの配慮や落ちこぼれをなくす補習教室の開催など、検討してしかるべきだ。

おっと学校から「読書」の宿題もあった。図書館は閉鎖されているので、小生の書架から探し、2冊の本を引っ張り出した。かしわ哲『茅ケ崎のてっちゃん』(講談社)と中沢啓治『はだしのゲン』(全8巻 汐文社)。小学3年の孫は手に取って、字の多い本より、後者のマンガを選んだ。1週間で4巻まで読み終えた。きっと何か心に残るものがあるだろう。(2020/3/15)
posted by JCJ at 10:00 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする