2020年06月25日

【おすすめ本】上西充子『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』─デタラメが横行する政府答弁、「安倍話法」の本質を加視化する=鈴木耕(編集者)

 国会を国民の手に取り戻そうという画期的な試みが2つあった。ひとつは小原美由紀さんが始めた「コッカイオンドク(国会音読)」。国会審議をそのまま書き起こし、みんなで音読する。言葉にして読み上げ、それを実際に聞いてみると、漫才にもならないほどのバカラしさ(ことに政府答弁)が実感できると、ちょっとしたブームになった。
 そして、もうひとつが「国会パブリックビューイング」という運動である。音読は耳で確かめるということだが、こちらは国会審議そのものの映像を街角に設置したスクリーンに投射して、みんなで実際に国会の在り方を確認する取り組み。政府答弁のひどさに失笑が漏れることもしばしばだという。もっと言えば、NHKニュースなどで編集された安倍首相らの“すっきり答弁”が、いかに実際の答弁の切り取り編集であるかが確認できる。

 この試みを始めたのが法政大学の上西教授。あの名高い「ご飯論法」の名付け親だ。「ご飯は食べたか?」と問われ「ご飯は食べていない(パンは食ったが)」とごまかす「安倍話法」の本質を突いて、流行語大賞のトップ10にも選ばれた。デタラメが横行する答弁のありさまを、誰でもが気軽に見られる方法はないかと考え、夕方の暗くなったころから街角にスクリーンを設置、路上を政治空間に変えたのだ。その顛末がとても素敵だ。
 コロナ禍で在宅勤務の人たちが多くなり、国会審議を自宅で生で見る人が増え、国会が身近になった。その嚆矢となった本である。(集英社クリエイティブ1600円)
「国会を見よう」.png
posted by JCJ at 09:00 | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする