2020年08月09日

【今週の風考計】8.9─見上げてごらん、コロナ禍の夏の夜の天空を。

この5日、明るい星のように光る球体が、19時45分ごろ西の低空から浮かびあがり、3分後の49分には南西45度の天空で最高点に達し、19時51分ごろ南の低空へ移動し消えた。わずか6分のドラマを、東京郊外の自宅の2階ベランダから、孫と一緒に見つめた。
 地上から約400kmの上空に建設された実験施設・国際宇宙ステーション(ISS)が、地球を周回する光跡である。ISSはサッカー場くらいの大きさを持ち、約90分で地球を一周している。残念ながら我がカメラでは、その光る球体を撮ることができなかった。

天空に関心が及ぶこの1週間、6日の広島・9日の長崎に投下された原爆を思い、「キノコ雲」と「黒い雨」の怖ろしさを噛みしめる。
 75年前の8月6日午前8時15分、米軍が広島市にウラン235原子爆弾を投下。上空 580mで爆発、市街3分の2を破壊し56万人が被爆、年末までに14万人が死亡した。
 そして3日後の8月9日午前11時2分、米軍は長崎市にプルトニウム239原子爆弾を投下。上空 500mで爆発、市域は半分が破壊され、年末までに7万人が死亡した。
 唯一の戦争被爆国である日本政府は、核兵器禁止条約の批准すらしない。核保有国では核軍拡が進む中、「橋渡し」などの詭弁で逃げるとは何事か。

35年前の8月12日午後6時56分、日本航空123便が御巣鷹山に墜落、乗客乗員520人が死亡、生存者4人。事故は、ボーイング社による後部圧力隔壁の修理が不完全なため損壊し、操縦ができなくなり墜落したといわれる。だが今もなお事故原因や墜落への疑問・謎は尽きない。
 今年の8月12日は深夜から13日の未明にかけて、北東の空にペルセウス座流星群が放射状に流れ星を光らせる。哀悼の光だろう。
また16年前の8月13日、宜野湾市の沖縄国際大学構内に、米軍普天間飛行場に所属するCH53D大型輸送ヘリが墜落・炎上した。飛散したヘリの破片は多くの民家や車両などに被害を与えたが、死者が出なかったのは奇跡というほかない。
 いまだに米軍ヘリや戦闘機の不時着・炎上・部品落下などの事故が、後を絶たない。重大な問題は、事故現場が日本の民間地にもかかわらず、日本の捜査権が及ばない、まさに「治外法権」がのさばっている実態にある。

コロナ禍の暑い夏、天空を見上げながら、「キノコ雲」や山のかなたに消えた機影、そして落ちてくる米軍機や部品に思いを広げる。そうだ! これらは自然災害じゃない、まさに人災だ! その現実のむごさに、鳥肌が立つ。(2020/8/9)
posted by JCJ at 07:55 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする