2020年08月30日

【今週の風考計】8.30─黒人銃撃と「自警団」そして関東大震災・亀戸事件

米国のウィスコンシン州ケノーシャで、23日、黒人男性が警官に背後から至近距離で7発もの銃撃を受け、半身不随の重傷となった事件は、またまた大きな波紋を広げている。
 28日には、キング牧師が「私には夢がある」と演説したワシントン大行進から57年を迎え、一連の黒人銃撃に抗議し「人間の権利と平等と融和」を訴える数千人規模の大集会が、ワシントンで開かれている。
プロテニスの大坂なおみ選手は、ツイッターで「私はアスリートである前にひとりの黒人女性です。(中略)警察の手により黒人が虐殺され続けるのを目にすることは、正直言って吐き気がします」と、内外に訴えている。
 彼女は、5月25日の警官によるフロイドさん殺害事件への抗議デモにも参加し、これまで熱心に黒人差別に対するプロテストと思いを発信している。

ところが25日の夜、米国ケノーシャでの抗議デモに参加した市民が、なんと17歳の白人の少年にライフル銃で撃たれ、2人が死亡、1人が重傷を負った。
 少年は、警官にシンパシーを寄せるだけでなく、地元の白人中心の武装組織「自警団」と一緒に行動していたという。1月にはアイオワ州でのトランプ大統領の集会に出かけ、最前列に座ってエールを送るなど、熱烈なトランプ支持者だという。
 17歳の少年までも銃口を人に向ける現状に、米国社会の病巣の深刻さが際立つ。
しかし、トランプ大統領は、現地に州兵の派遣を表明、大統領選に向けて支持拡大の「法と秩序」の維持を掲げ、黒人差別への抗議デモと警官・「自警団」との対立をあおり、市民を分断し「憎悪の連鎖」に巻き込む危険を、ますます拡大させている。

日本はどうか。「自警団」といえば、いま日本の各地に「コロナ自警団」がはびこっている。コロナへの恐怖心に付け入り市民を相互監視、自粛に従わない人や休業しない店舗、さらには感染者を「コロナをうつす加害者」扱いして責める。この「コロナ自警団」が、正義の鉄槌を下すとばかりに攻撃衝動を発散している。
 政府・自治体にとって「コロナ自警団」は、行政の怠慢は棚上げし、かつ上からの行動規制は推進してくれる、まさに一石二鳥の存在だ。

思い出してほしい。今から97年前の9月1日、関東大地震が発生、その直後から「朝鮮人が暴動を起こした!」「井戸に毒を入れた」などの恐怖をあおる流言が意識的に拡散され、多くの朝鮮人が虐殺された事態である。
 政府や警察みずからデマを広げ、<不逞鮮人の襲来>に備えて、在郷軍人・青年団・消防団を中心に「自警団」を組織するよう促した。その数は関東一円で3000とされる。
 国の「お墨付き」による「自警団」は、棍棒・竹槍・日本刀・鳶口・猟銃などで武装し、通行人を検問、朝鮮人とみるや迫害・虐殺した。2日夜から3日にかけての蛮行はすさまじい。犠牲者は数千人に及ぶ。
9月3日になると、さらに「不逞鮮人を煽っているのは主義者だ」のデマが流される。市民の同調圧力にも助けられ、警察と軍は大手を振って、社会主義者を一挙に根絶やしにする作戦に出る。
 東京・南葛飾地域の労働組合青年幹部ら10人を、相次ぎ亀戸署に留置、軍に引き渡してのち、5日未明、近衛師団の騎兵第13連隊の兵士によって刺殺された。「亀戸事件」である。

米国であれ日本であれ、昔も今も「自警団」が組織されるとき、それを権力者や警察が利用する恐ろしさは、十二分に認識・警戒しておかなければならぬ。(2020/8/30)
posted by JCJ at 08:11 | 【今週の風考計】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする