2020年09月07日

【オンライン講演】 金正与氏が外交を担う 米朝に「10月サプライズも」=須貝道雄

            五味洋治・東京新聞記者.jpg東京新聞・五味洋治論説委員             金与正氏の写真など、パソコンで見る.jpg
 JCJはオンライン講演会を7月26日、「どうなる朝鮮半島情勢」のテーマで開いた。開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を北朝鮮は6月に爆破し、世界に衝撃を与えた。指示したのは最高指導者・金正恩氏の妹、金与正氏。彼女はどんな人物か、また米朝会談は再開されるのかなどについて、講師の東京新聞・五味洋治論説委員から話を聞いた。
 五味さんが冒頭に紹介したのは大ヒットの韓国ドラマ「愛の不時着」だった。パラグライダー中の事故で北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢が、身分を隠して暮らす物語。脱北者から取材して制作したということで、北朝鮮の人々の生活がリアルに描かれている。
 興味深いのは北朝鮮の兵士が勤務中にヘッドホンで韓国ドラマ「天国の階段」を見ている場面だ。テレビに人気女優チェ・ジウの顔が映っている。彼女のことを「ジウ姫」と兵士は呼んでいたという。これは日本での愛称と同じだ。
 五味さんは「日本と韓国と北朝鮮は同じ文化圏。感受性でつながるところがあり、同じように楽しんでいる」と解説した。
 連絡事務所の爆破という過激な指示を出した金与正氏について、父の金正日氏はかつて「ヨジョナ」と呼んでかわいがり、後継者の一人として期待をかけていた。おきゃんな性格、トクスンイ(しっかりもの)の評もある。
  今年に入り、コロナ問題や米国との関係悪化で兄の正恩氏が「意欲喪失状態」にあるため、彼女が兄に働きかけ、(爆破指示という形で)厳しく出たのではないかと、韓国紙記者は見ているそうだ。
 米朝会談について金与正氏は7月に「今は米国だけに利益がある」と拒否的な姿勢を示した。五味さんは「外交問題でこれだけ堂々と言える人は妹だけ。兄の代わりに外交部門を担当していると見て間違いない」と分析。今後は過激化とは逆に、違った面を見せる可能性にも触れた。
 米独立記念日に関し彼女は「アメリカのパレードのDVDが欲しい。国の参考にしたい」と書いていた。SNS上によくみられる、かわいらしい感じの言葉づかいだったという。
 ひょっとすると電撃的な米朝会談の再現、オクトーバー(10月)サプライズも「ゼロとは言えない」と五味さんは指摘した。
 須貝道雄
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2020年8月25日号

posted by JCJ at 01:00 | オンライン講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする