2020年12月21日

【支部リポート】 福岡 「博多にわか」初登場 九条改憲NO!県民集会=白垣詔男

                                    JCJ本部機関紙博多にわか.jpg
福岡支部が協賛している「九条の会福岡県連絡会」(以下「連絡会」)主催の今年の憲法公布記念日(11月3日)のつどい「九条改憲NO! 安倍政治の継承を許さない福岡県民集会」に初めて「博多にわか」が登場、会場の爆笑を呼ぶとともに「菅独裁政権の早期退場」を誓い合った。
 連絡会は東京で「九条の会」が誕生した直後の15年前に発足、以来、毎年5月3日の憲法記念日と11月3日に大掛かりな集会を開いてきた。これまで憲法記念日が九州交響楽団有志の演奏をはじめ合唱団のうたごえなど音楽関係と講演が中心で、11月3日には音楽関係とリレートークなどが主体だったが今年は初めて、セミプロの博多にわか師に公演を頼んだ。
 集会では、立憲野党の国会議員らから「改憲NO! 菅政権退陣要求」などの決意表明が述べられ、出席できない地元2国会議員のメッセージが紹介された後に、博多にわかを演じる年金者組合福岡東支部役員の深川敏弘さんが博多にわかの面を着けて登場、「世相を斬る」と題して博多にわかを披露した。
 「博多にわか」の幾つかを紹介すると―
☆菅さんな、安倍さんのことバ継承するというが、あれは「継承(軽傷)」じゃなく、相当「重症」ですやな。
☆安倍さんの中に菅さんが入ったら「安菅倍(あかんべー)」。
☆何か言いよったら、すぐシュレッダーに入れてクサ、処分してくださいとか、原稿に黒塗ってもってきなさいとか分からんことして、すみません、これで「完了(官僚)」です―それが官僚か。
☆あんたのにわか、少しは面白かったごたる。10点満点やろうかと言いなったバッテン、私は断ったですタイ。なんで断ったな。そりゃ、あたきが10点もらうよりも「九条の会」の「8点(発展)」がよございます。
この後、福岡教育大の谷本純一准教授(むなかた九条の会代表世話人)のミニ講演もあり、400人以上集まった多彩な集会は盛り上がりを見せ大盛況だった。 
白垣詔男
JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2020年11月25日号

posted by JCJ at 01:00 | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする