2021年04月30日

【オンライン講演会】ミャンマーは、どうなっているのか─5月15日(土)午後2時から4時まで 講師:ドキュメンタリー監督 岸田浩和さん

                        
ミヤ.jpeg

 ミャンマーでクーデターを起こした国軍は、抗議する市民や学生たちに銃口を向け、残虐な弾圧で多くの犠牲者を生んでいる。その実情をSNSなどで発信していた日本人ジャーナリスト、北角裕樹さんも軍・治安当局により拘束された。ミャンマーはどうなっているのか。
 ヤンゴンに留学経験があり、継続的にミャンマーの少数民族問題や宗教対立の取材を行っている岸田浩和さん(写真=TBSテレビから)から、ミャンマーの今について、様々な角度からお話をしてもらう。
参加費:500円
【講師の紹介】
★岸田浩和さん 立命館大学、ヤンゴン外国語大学、光学メーカーを経て、2012年に「缶闘記」で監督デビュー。2016年の「Sakurada,Zen Chef」は、ニューヨーク・フード映画祭で最優秀短編賞と観客賞を受賞した。Yahoo!CREATOR’ほか、Webメディアに映像取材と記事を発表中。2019年より、調査報道グループ「フロントラインプレス」所属。関西学院大学、東京都市大学、大阪国際メディア図書館にて、非常勤講師。

【参加方法】
Peatix(https://myanmawaima.peatix.com/)を通じて参加費をお支払いいただいた方々に講演前日・5月14日までにZoomで視聴できるURLをメールでお送りします。
【なおJCJ会員は参加費無料。onlinejcj20@gmail.com に別途申し込んでください。また、この機会にJCJ入会をご希望の方はその旨を明記し、上記宛てにメールをお送りください】
主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)
電話03・6272・9781(月・水・金の午後1時から6時まで)メール office@jcj.sakura.ne.jp  ホームページ http://www.jcj.sakura.ne.jp/


posted by JCJ at 02:00 | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする