2022年05月20日

【フォトアングル】JAL争議の全面解決めざす東京集会開く=酒井憲太郎

aIMG_0654.jpeg

2010年12月31日、JALのパイロット、客室乗務員165名が解雇された。以来労使間で協議が続いていて解決に至らないJAL争議の全面解決をめざす東京集会が開かれた。挨拶に続き「都労委闘争はJAL争議解決のステージとなりうるか」と題して、JAL被解雇者労働組合(JHU)弁護団の指宿昭一弁護士が講演をした。連帯のあいさつ、決意表明の後全員参加で「団結がんばろう」と拳を上げた。=2月16日、東京都文京区、酒井憲太郎撮影
  JCJ月刊機関紙「ジャーナリスト」2022年4月25日号
posted by JCJ at 01:00 | TrackBack(0) | Editorial&Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック