2007年09月05日

TBS 全役員を含む32人を処分
不二家報道など番組不祥事で

 TBSと子会社のTBSテレビは9月3日付で、取締役19人と両社の社員13人の計32人を処分した。 両社の社長を兼ねる井上弘社長は報酬の一部を自主返上する。処分は社外取締役を除く全取締役に及んだ。処分の対象となった番組は3番組で、 (1)「みのもんたの朝ズバッ!」=不二家の衛生管理をめぐるずさんな報道、(2)「ピンポン!」 =アマチュアゴルフの石川遼選手に対する盗聴未遂、(3)「イブニング5」 =ゴルフ大会主催者に無断で競技中に取材用のヘリコプターを飛ばした。【編集部】

(1)「みのもんたの朝ズバッ!」については8月、BPO(放送倫理・番組向上機構)の「放送倫理検証委員会」が「不適切だった」 と見解を出していた。この番組については、制作局長=出勤停止3日、情報センター長=出勤停止2日、プロデューサー3人=減俸処分。 井上弘社長=報酬1カ月分の20%返上、子会社TBSテレビを含む全役員(非常勤を除く)=5〜10%減俸。
 TBSは8月7日朝の同番組内で、アナウンサーが指摘された問題点を説明し「おわび」、夏休みをとっていた司会のみの氏の 「反省すべき点を踏まえ、より良い『朝ズバッ!』をつくることにまい進したい」とのコメントを読み上げていた。
(2)「ピンポン!」=アマチュアゴルフの石川遼選手に対する盗聴未遂という不適切な取材については、「ピンポン」のチーフディレクター (隠しマイクを依頼)を減俸、担当部長ら4人をけん責とした。
(3)「イブニング5」=競技中にヘリコプターを飛ばしたプロデューサーら5人をけん責とした。(→時事通信)

<関連報道>
TBSが全取締役を処分 不二家報道などで(朝日新聞)09月05日10時34分
http://www.asahi.com/national/update/0905/TKY200709050075.html
全役員らを処分=問題が相次いだTBS(時事通信)9月5日11:17
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007090500346
TBS不祥事で32人を処分、社長は報酬一部を自主返上(読売新聞)9月5日12時9分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000305-yom-ent


<Daily JCJ内関連記事>
BPO放送倫理検証委 TBS「朝ズバッ!」の取材調査不十分を指摘 08月10日
http://jcj-daily.seesaa.net/article/50912594.html
BPO放送倫理検証委 TBS「朝ズバッ!」の取材調査不十分を指摘(2) 08月12日
http://jcj-daily.seesaa.net/article/51179862.html

【Daily JCJ 編集部】

posted by JCJ at 12:58 | TrackBack(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック