2007年09月12日

安倍首相 辞意を表明

 NHKによると、安倍総理大臣は、きょう(12日)午後2時から総理大臣官邸で記者会見し、「本日、総理大臣の職を辞するべきと決意した」と述べ、退陣を表明した。国会周辺では動揺が広がっている。【編集部】

 時事通信によると、自民党の中堅議員は「前代未聞だ。何があったのか…」と絶句。野党議員は「無責任だ」「辞任は遅すぎた」と一斉に批判の声を上げたという。

安倍首相 辞意を表明(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/09/12/k20070912000113.html
安倍首相が辞意表明 =「求心力ない」と伝達、麻生幹事長に=(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eme

 自民党内では、安倍晋三首相が辞意を固めたことについて、動揺を隠し切れない状況のようだ。
 ただ、自民党の麻生太郎幹事長は「ずいぶん前から聞いていた。『自分には議会の中で求心力がない』と言っていた」(時事通信)と明かしたという。また、首相から辞意を伝えられた大島理森国対委員長は、党代議士会で「いかんともし難いが、首相の意思は変わらない」と述べたという。町村派幹部は「信じられない。自民党の危機だ」と指摘ししていることが報じられている。(→時事通信)

 安倍首相の緊急記者会見のポイントは、以下のようだという。(→同)
1)新たな総理の下でテロとの戦いの継続を目指すべきではないか
2)小沢民主党代表に党首会談を断られたことは残念だ
3)国民の支持、信頼の上に政策を力強く進めていくことは困難だ
4)自らがけじめをつけることで局面を打開しなければならないと判断するにいたった
5)政治空白を生まないよう、なるべく早く次の総裁を決めて欲しいと指示した

 つまり自公連立政権の維持のために、「求心力のない」自分が身を引くという内容だ。いまだに状況がみえず、懲りていないようだ。退陣の理由に、1)テロとの戦いの継続を挙げている点で、戦争の論理に組した政権の存続を訴ええている、2)民主党に党首会談を断られたことを挙げている(どうしても他人のせいにしたいようだ)、3)政治空白を生まないように早く次の総理をといっているが、新たな総理の下でテロとの戦いの継続を目指すべきといっている以上、自公連立政権の続行をいまだに唱えているようだ。


【Daily JCJ 編集部】

posted by JCJ at 15:05 | TrackBack(0) | 政治・国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック