2007年09月13日

自民党は自党の新総裁選びより、まず安倍氏の国政放棄の責任を取れ

 安倍首相のちぐはぐな辞任劇を受けて、自民党は総裁選に入った。衆参両院議員と各3人の都道府県代表による両院議員総会で総裁選を行うという。自民党が自分のところの新しい総裁を選ぶのは勝手だが、自民党は自分のことしか考えられないのだろうか。独りよがりもいいかげんにすべきだ。

 自民党はここでまず、国会の無意味な混乱の責任をとる必要がある。いさぎよく総退陣をして野党に選挙管理内閣の組閣を委ねるべきである。安倍氏は自らの辞任に際して、そこまではやるべきであった。そうしたけじめをつけることさえできない首相であるならば、それをサポートするのが政権与党の仕事のはずだが、その自民党は麻生氏をはじめ自分の党の新総裁選出へと、国政を忘れて動き出すという有様である。

 自分のところの総裁が、総理としての国政を放棄したのである。
 そのけじめもつけられないで総裁選にばかり気をとられている姿こそ、まさに国民軽視そのものではないか。これでは政権与党でも何でもない。ただの政治屋の集団にほかならない。
 安倍氏は11日午後、中川秀直氏に対して「自分が弱かったから、こんなことになったんでしょうか」と自らを責めたというが(→時事通信)、そこまで追い込まれてようやく、参院選惨敗の現実に気づいたというのであれば、あまりにのん気、鈍感といわざるをえない。あの段階で、退陣を促すのが同僚やパートナーのつとめであったはずだ。
 安倍氏のドタバタの辞任劇は単に自民党や公明党の都合に影響するという話ではなく、国の問題なのだ。それさえ目に入らず、けじめをつけられない自民党と公明党の責任は重大である。直ちに衆院解散を決断し、民意を問うべきである。


かゆと点滴でしのぐ日々=安倍首相、自分が弱かった−政権手詰まり、気力なえる?(時事通信)9月12日(水)21:14
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-12X932.html
首相信任厚い麻生氏先行か 自民総裁選 谷垣氏や福田氏推す声も(共同通信=東京新聞)9月12日 22時33分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007091290220103.html


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
JCJふらっしゅ Y記者の「ニュースの検証」
小鷲順造
http://blog.mag2.com/m/log/0000102032/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

posted by JCJ at 00:10 | TrackBack(0) | 政治・国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック