2007年09月14日

2011年7月段階 地上デジタル放送難視聴世帯・最大60万世帯と総務省

 総務省は、地上デジタル放送に完全移行するとされている2011年7月の段階で、デジタル放送の電波が届かない世帯が最大60万世帯程度に上るとの試算を発表した。【編集部】

 毎日新聞によると、総務省は予想される難視聴地域の発生は、山間部などの過疎地で中継局の設置が遅れているためとしている。放送局や自治体への財政支援も検討するものの、総務省が完全移行を想定している2011年7月の段階で、最終的に間に合わない地域に対しては、暫定的に衛星を使って、地上デジタルと同じ番組を同時放送することを考えに入れているようだ。

 また同記事は、現在のアナログ放送(NHK・民放)の難視聴世帯は約10万世帯だが、デジタル化により難視聴世帯が大幅に増えることを指摘している。「衛星による同時放送を行えば番組視聴は可能になるが、高画質や双方向データ通信などデジタル放送の特徴を十分に生かせない可能性が高い。さらに、政府や自治体の補助がなければ、衛星放送への加入など新たな利用者負担も出てきそうだ」という。

 民放よりデジタル放送の視聴エリアが広いNHKでも、全国で約25万世帯が難視聴世帯となること、混信などを考慮すると、NHKのデジタル放送を実際に視聴できない世帯は約30万世帯にのぼるとみられることを、難視聴世帯発生の比率が高くなると思われる県名(%)とともに伝えている。

<地上デジタル放送>「難視聴世帯」30万〜60万世帯に(毎日新聞)
http://www.excite.co.jp/News/society/20070913203300/20070914M40.079.html
難視聴地域が最大60万世帯 地上デジタル移行時(共同通信)
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/CO2007091201001177.html?C=S
30万〜60万世帯、電波届かず=地デジ完全移行時に−総務省試算(時事通信)
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-13X021.html

総務省:地上デジタルテレビ放送市町村別ロードマップ(2007.9.13)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/dtv/zenkoku/roadmap2.html


【Daily JCJ 編集部】
junzo_kowashi

posted by JCJ at 09:36 | TrackBack(1) | 情報・通信(IT、ICT) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

地上デジタル移行時の難視聴地域が最大60万世帯
Excerpt: 総務省の調査によると、デジタル放送に完全移行する2011年7月時点で、電波の届かない山間部など全国で最大60万世帯が地上デジタル放送を視聴できない見通しだということです。こんなことは以前からずっと指摘..
Weblog: GameSprit
Tracked: 2007-09-15 12:22