2007年10月14日

アニメ文化とアニメーター・演出家の生活向上めざし 協会を設立

 いまや日本発の表現文化として世界に広がるアニメの世界。放送だけでなくネット配信も広がっている。原作を生み出す出版界との縁も深い。だがアニメーターたちの現実は厳しい。13日、アニメーターや演出家らが「日本アニメーター・演出協会」(略称:JAniCA=ジャニカ)設立を発表した。【編集部】

 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)の設立発表会見は、07年10月13日、杉並アニメーションミュージアムの1階、杉並会館マツヤサロンで行われた。NPO法人を目指している。

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)
http://www.janica.jp/index.html
JAniCAブログ
http://www.janica.jp/diarypro/diary.cgi

 設立の趣旨は、「アニメの創造現場は手作業という個人の職人技で支えられているにも関わらず、その実情はまだまだ正しく認知していただけていない」のが現状で、「現場で働く私たち共通の思いや希望を実現し、さらに共に日本のアニメの未来をより明るいものにするべく、当団体を設立して広く社会に向け活動してゆく」ことになる。設立に向けた背景と、アニメーターの実情については、下記毎日新聞の記事が詳しい。

アニメ制作:現場から悲鳴 労働環境改善求め協会設立へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20071013mog00m200018000c.html

 設立会見の様子を報じた朝日新聞によると、会見には約70人が参加。代表には世話人として設立の準備に動いてきた芦田豊雄スタジオライブ社長がついた。芦田氏のプロフィルと設立の経過は、WEBアニメスタイルのインタビューに詳しい。設立会見では「業界は『低賃金でもアニメが好きだから』という働き手の気持ちを利用してきたが、このままでは優秀な人材が入ってこなくなる」(朝日新聞)と訴えた。


アニメ制作者らが協会設立 「低賃金」打破を(朝日新聞)10月13日19時57分
http://www.asahi.com/culture/update/1013/TKY200710130183.html
アニメーターと演出家の生活を豊かにするために JAnicA(ジャニカ)世話人 芦田豊雄インタビュー(WEBアニメスタイル)
http://www.style.fm/as/02_topics/top_070816a.shtml


【Daily JCJ 編集部】

posted by JCJ at 05:05 | TrackBack(0) | 放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック