2008年02月05日

米予算教書 財政赤字4100億ドル(約43兆4600億円)

 ブッシュ大統領の任期最後となる2009会計年度(08年10月−09年9月)予算教書で同大統領は、08年度の財政赤字は4100億ドル(約43兆4600億円)に達し過去最大規模に膨らむ見込みと報告。
 イラクへの米軍増派と景気減速のあおりで税収が伸び悩んだと理由を述べている。同政権は07年度には財政赤字を1620億ドルまでは減少させたが、再び04年の4130億ドルの赤字規模と同規模まで拡大させることになる。
 ブッシュ大統領は、「経済対策で景気後退を未然に防ぎ、国防以外の歳出を抑制することで12年度の黒字化を達成する」(毎日新聞)と説明しているが、国防・国土安全保障費や駐留米軍の人件費や装備更新などの「テロ戦費」の増額が、巨大な戦費支出による財政赤字を膨らませる構図となっている。ブッシュ大統領のいう「経済対策」は、日本も含む「外交政策」による資金調達(=戦費分担)を見込むべきというメッセージのようにも思える。
 日本はもはや、それを「当然」視しているわけにはいかなくなっている。
posted by JCJ at 19:04 | TrackBack(0) | 政治・国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック