2008年02月22日

この10年のJCJ賞一覧〔黒田清JCJ新人賞、JCJ市民メディア賞〕

【1998年】第40回
▼〈本賞〉「核の20世紀/訴える世界のヒロシマ」平和博物館を創る会・日本原水爆被害者団体協議会
▼〈奨励賞〉「劣化ウラン弾報道」毎日新聞東京本社外信部
▼〈奨励賞〉「映像90/薬害ヤコブ病・谷たか子の闘病記録」毎日放送報道局社会部
▼〈特別賞〉「人間の戦場/広河隆一の全軌跡」広河隆一
【1999年】第41回
▼〈本賞〉「生命のゆくえ/検証・脳死移植」高知新聞社社会部
▼〈本賞〉「30年目のグレーゾーン/環境汚染とこの国のかたち」富山テレビ放送報道部
▼〈奨励賞〉「防衛装備品調達に絡む不正の追及報道」毎日新聞東京本社社会部
▼〈特別賞〉「日本の出版印刷労働運動/戦前・戦中篇」横山和雄
【2000年】第42回
▼〈JCJ大賞)「連載『被曝と人間』『知られざるヒバクシャ/劣化ウラン弾の実態』」中国新聞社編集局
▼〈JCJ賞)「平和資料館展示変更問題」琉球新報社社会部
▼〈JCJ賞)「片山隼君の交通事故に端を発した交通問題/犯罪被害者対策キャンペー
ン」毎日新聞東京本社社会部
▼〈JCJ特別賞)「セミパラチンスク/草原
の民・核汚染の50年」(高文研)森住卓
【2001年】第43回
▼〈JCJ大賞〉「遺言/桶川スト−カ−殺人事件の深層」(新潮社)清水潔
▼〈JCJ特別賞〉「『いのち』の近代史/『民族浄化』の名のもとに迫害されたハンセン病患者」(かもがわ出版)藤野豊
▼〈JCJ賞〉「人間として/ハンセン病訴訟原告たちの闘い」南日本放送・ハンセン病問題取材班
▼〈JCJ賞〉「殺さないで/児童虐待という犯罪」毎日新聞東京社会部取材班
【2002年】第44回
▼〈JCJ大賞〉「防衛庁情報公開請求者リストの闇利用をスクープ」毎日新聞東京本社社会部・大治朋子
▼〈JCJ賞〉「医者井戸を掘る/アフガン旱魃との闘い」(石風社)中村 哲
▼〈JCJ賞〉「雑誌『世界』による9・11以降の一連の“平和報道”」岩波書店『世界』編集部
▼〈JCJ賞〉「パーキスタン発/オバハンからの緊急レポート」(創出版)督永忠子
▼〈JCJ賞〉「映像01/出所した男」毎日放送ディレクター里見繁
▼〈JCJ特別賞〉「『女性国際戦犯法廷』の組織活動と法廷記録の制作」VAWW-NET JAPAN
▼〈黒田清JCJ新人賞第1回〉写真「ごみ捨て場にいきるひとびと」宇田有三
【2003年】第45回
▼〈JCJ大賞〉「名古屋刑務所における人権侵害問題スクープ」朝日新聞社名古屋本社
▼〈JCJ賞〉「ハンセン病問題『判決』後のスクープと長期連載」熊本日日新聞社ハンセン病取材班
▼〈JCJ賞〉『南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて/元兵士102人の証言』(社会評論社)松岡環
▼〈JCJ賞〉『食肉の帝王/巨富をつかんだ男、浅田満』(講談社) 溝口敦
▼〈JCJ賞〉『メディアの敗北/沖縄返還を巡る密約と12日間の闘い』琉球朝日放送
▼〈JCJ市民メディア賞第1回〉『毒ガスの恐怖再び』東海大学文学部「ミネスタウエーブ」制作班
▼〈黒田清JCJ新人賞〉書籍『お兄ちゃんは自殺じゃない』(新潮社)三笠貴子
【2004年】第46回
▼〈JCJ大賞〉「北海道警察裏金問題に対す
る一連のキャンペーン報道」北海道新聞社・道警裏金問題取材班
▼〈JCJ大賞〉「外務省秘密文書の暴露と地位協定の改定を目指すキャンペーン報道」 琉球新報社・地位協定取材班
▼〈JCJ賞〉『戦場の「慰安婦」/拉孟全滅戦を生き延びた朴永心の軌跡』(明石書店)西野瑠美子
▼〈JCJ賞〉「月刊写真誌『DAYS JAPAN』創刊号以来の戦争告発報道」(デイズジャパン発行)発行・編集人、広河隆一
▼〈JCJ賞〉受賞作:NNNドキュメント'04『大地を踏みしめてもう一度』 日本テレビ制作スタッフ
▼〈JCJ市民メディア賞〉『世界は変えられる/TUPが伝えるイラク戦争の「真実」と「非戦」』(七つ森書館)TUP(平和をめざす翻訳者たち)
▼黒田清JCJ新人賞〉書籍『9・11ジェネレーション/米国留学中の女子高校生が学んだ「戦争」』(集英社新書)岡崎玲子
【2005年】第47回
▼〈JCJ賞大賞〉『リトルバーズ/戦火のバグダッドから』ドキュメンタリー映画と著書(晶文社)〕綿井健陽
▼〈JCJ特別賞〉『未来をひらく歴史/東アジア3国の近現代史』(高文研)日中韓3国共通歴史教材委員会
▼〈JCJ賞〉『戦後60年キャンペーン/新たな視点・証言で探る沖縄戦』沖縄タイムス・戦後60年取材班
▼〈JCJ賞〉『マーシャル諸島/核の世紀』上下巻(日本図書センター)豊ア博光
▼〈JCJ賞〉『沖縄/よみがえる戦場』 NHK沖縄放送局
▼〈JCJ市民メディア賞〉ビデオ『辺野古の闘いの記録』(沖縄平和ネットワーク)大島和典
▼〈黒田清JCJ新人賞〉ドキュメンタリー映画『にがい涙の大地から』海南友子
【2006年】第48回
▼〈JCJ大賞〉『「共謀罪キャンペーン」など一連の「こちら報道部」の報道』東京新聞特別報道部
▼〈JCJ特別賞〉録音構成『ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない』(CD9枚組)伊藤明彦
▼〈JCJ特別賞〉ドキュメンタリー映画『三池 終わらない炭鉱(やま)の物語』監督・熊谷博子
▼〈JCJ賞〉『沖縄返還密約/元外務省高官証言スクープ』北海道新聞記者・往住嘉文
▼〈JCJ賞〉『明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか』(大月書店)板垣恭介
▼〈JCJ賞〉『シリーズ・言論は大丈夫か/
第1回「ビラ配りと公安警察」/第2回「共謀罪とは何か」テレビ朝日・朝日放送「サンデープロジェクト」取材班
▼〈JCJ市民メディア賞〉『きのこ雲の下から、明日へ』(KTC中央出版)斉藤とも子
▼〈黒田清JCJ新人賞〉『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』(海鳴社)堤未果
【2007年】第49回
▼〈JCJ大賞〉〈新聞長期企画と写真集〉『水俣病50年』熊本日日新聞
▼〈JCJ賞〉〈新聞長期企画〉『挑まれる沖縄戦/「集団自決」問題キャンペーン』沖縄タイムス
▼〈JCJ賞〉書籍『「改憲」の系譜/9条と日米同盟の現場』(新潮社) 共同通信社
〈JCJ賞〉『生きさせろ!/難民化する若者たち』(太田出版)雨宮処凜
▼〈JCJ特別賞〉〈ドキュメンタリー映画〉『ひめゆり』(製作プロダクション・エイシア)監督・柴田昌平、共同製作 財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会
▼〈黒田清JCJ新人賞〉『コバウおじさんを知っていますか/新聞マンガにみる韓国現代史』(草の根出版会)チョンインキョン(鄭仁敬)


■第1回(1958年)以来の全リストはJCJ
ホームページにあります。

http://www.jcj.gr.jp
posted by JCJ at 15:58 | TrackBack(0) | JCJ賞情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック