2016年01月18日

「辺野古」の真実は?/2月4日、鳩山友紀夫元総理が講演

 JCJとマスコミ9条の会は2月4日、鳩山友紀夫元首相(由紀夫から改名)を招いて、講演会「鳩山元総理が明かす『辺野古新基地』の真相」を開催します。
 鳩山氏は首相在任時、東アジア共同体構想や米軍普天間基地移転(「最低でも県外」)方針を打ち出しました。しかし、外務省や防衛省などの日本政府筋やアメリカのジャパン・ハンドラーなど、日米の安保マフィアの猛反発を招き、日本のメディアも鳩山氏を総叩きする側に回り、鳩山氏は首相退陣を余儀なくされました。
 安倍政権は、沖縄の民意を無視して辺野古新基地建設を強行していますが、この際鳩山氏に沖縄問題の由来をたどり、問題の実態、特に鳩山氏を窮地に追い込んだ外務省や防衛省官僚の動きなど、問題の真相を縦横に語っていただき、解決の方向についても考えを披歴していただく予定です。ぜひご参加ください。
日時 2月4日(木)開場=午後1時、開会=午後1時半
会場 日本記者クラブ10階ホール (都営三田線・内幸町駅、JR線・新橋駅下車)
資料代 1000円(学生500円)
(集会案内チラシ)
posted by JCJ at 01:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JCJ3月集会 今中哲二助教講演

 JCJは、3月10日午後5時から、千代田区の専修大学神田キャンパス1号館3階301号教室で、3・11から5年を記念して京大の今中哲二助教ほかを招き、いま福島はどうなっているのか、事故原因究明は進んでいるのか、被災者対策は? メディア報道の問題点などを徹底的に議論する。参加費1000円、学生500円。

posted by JCJ at 00:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

11月のJCJジャーナリスト講座 新聞、テレビ報道の現場から

 秋のジャーナリスト講座は11月も開催する。7日は午後1時半から「地方紙記者の新たな役割――中央と地方の複眼思考」と題して、神奈川新聞の松島佳子記者と信濃毎日新聞東京支社報道部長の五十嵐裕記者が語り合う。
 中央紙とは異なる地方紙の最近の動きを追う。会場は東京・神保町の岩波セミナールーム。
 続いて18日午後6時半から「組織内記者の働き方――新聞社に就職して記者になるとは」のテーマで共同通信編集局企画委員の美浦克教記者が講演する。会場は同セミナールーム。
 11月23日午後1時半からは、日本テレビ報道局チーフプロデューサー、谷原和憲氏(「真相報道バンキシャ!」を担当)が登壇し「テレビ報道番組の現場」について話す。会場は東京・日比谷図書文化館小ホール。
 資料代は各回1000円。要予約で、申し込みは左記に氏名、希望日、連絡先を明記しメールで。
メールアドレス:mailto:jcj13kouza@yahoo.co.jp

posted by JCJ at 02:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創立60周年迎えるJCJ 11月29日に記念シンポジウム

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は今年、創立60年を迎え、11月29日に東京で記念シンポジウムを開く。テーマは「アベ政治を許さない! ジャーナリズムは何をどう伝えるか」。憲法違反である戦争法(安保法制)の廃止をめざし、ジャーナリストと市民が決意を新たにする場にする。
 シンポジウムではテレビジャーナリスト金平茂紀氏が問題提起をし、東京新聞政治部長の金井辰樹氏、弁護士の大江京子氏、SEALDs(シールズ)の学生が発言し、ジャーナリズムの今後の課題・役割を明らかにしていく。詳細は次の通り。
日時 11月29日(日)午後1時半から4時半
会場 エデュカス東京(全国教育文化会館)7階ホール(東京都千代田区二番町12の1)
参加費 1000円(学生500円)
▼交流会 同シンポ終了後、午後6時から同じ会場で「JCJ60周年記念大交流会」を開催する。こちらは立食形式で参加費5000円(学生1000円)。要予約。大交流会に参加希望の方は事前にJCJ事務局までファクスか、メールで申し込む。
▼ファクス03-3291-6478 メール:office-JCJ
posted by JCJ at 00:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

JCJ「2015秋のジャーナリスト講座」=10月4日、10日、21日に開催

 秋のジャーナリスト講座が10月4日から始まります。初回は、福島原発事故の被災者取材を続けている毎日新聞の日野行介記者。福島の県民健康管理調査での情報操作、ツイッターで被災者を中傷した官僚など、数々のスクープを同記者は手がけました。10月のジャーナリスト講座の予定は次の通りです。マスコミに関心のある多くの市民の方々の参加をお待ちしています。
詳細チラシhttp://www.jcj.gr.jp/images/201510jcjkouza.pdf

▼10月4日午後1時半から、日比谷図書文化館小ホールで。「記者の仕事とは――原発事故被災者取材で考えた」。毎日新聞特別報道グループ・日野行介記者
▼10月10日午後1時半から、日比谷図書文化館小ホールで。「現場記者座談会」。朝日新聞社会部・青木美希記者、沖縄タイムス東京支社編集部長・宮城栄作記者、東京新聞政治部・原田悟記者
▼10月21日午後6時半から、日比谷図書文化館小ホールで。「海外取材・調査の理論と実践」。三井物産戦略研究所主席研究員・白戸圭一氏(元毎日新聞ワシントン特派員)

*資料代・各回1000円。要予約。申し込みはメールで氏名、希望日、連絡先を明記してお送りください。

posted by JCJ at 10:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

8月集会 8・15に飯田橋・しごとセンターで開催

 日本ジャーナリスト会議は8月15日午後1時から、東京・飯田橋の東京しごとセンター講堂で8月集会を開く。冒頭に、安保法制と安倍政権の暴走について、毎日新聞特別編集委員でTBS「NEWS23」アンカーの岸井成格氏が講演する。
 各社の世論調査で反対意見が多数を占めるなか、「戦争法案」は衆院で強行採決された。戦後70年を迎え、安倍政権は若者たちを戦場へ送る方向へ突っ走っている。その実態、危険性などについて、ニュースの最前線から岸井氏が解説する。
 続いてJCJ賞の贈賞式に移る。各受賞者が登壇し、スピーチをする予定だ。毎年、このスピーチは好評で、取材での苦労、喜び、社会的な反響などについて語ってもらう。8月集会の詳細は次の通り。
▼日時 8月15日(土)午後1時から5時まで
▼会場 東京しごとセンター地下2階・講堂(東京都千代田区飯田橋3―10―3)
▼参加費 1000円

image.jpg image.jpg
posted by JCJ at 14:22 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

【記者会見のご案内】8・11 歴代首相の「安倍首相への提言」に関する記者会見のご案内=マスコミ9条の会、JCJ

 マスコミOBが連名で、歴代首相に安倍首相への提言を要請するという行動計画を発表した件で、マスコミ九条の会と日本ジャーナリスト会議は8月11日(火)に、日本プレスセンターで記者会見を行う。
 歴代首相経験者12人に「安倍首相に対する提言」を要請したところ、8月7日までに先輩首相5人から、現役首相への提言が届いた。元首相からの提言全文は、同日の会見の場で、報道資料として公表する。
 桂敬一氏(マスコミ九条の会呼びかけ人、元東京大学教授)は、「安保法政審議や『戦後70年談話』が注目されるこの時機、有益な参考資料になる」としている。


2015年8月7日

報 道 関 係 各 位
マ ス コ ミ 九 条 の 会
日本ジャーナリスト会議(JCJ)


歴代首相の「安倍首相への提言」に関する記者会見のご案内


 私どもは7月21日、先輩首相が現首相に一言あって然るべき時が到来したと判断、51人のマスコミOBに呼びかけ人となっていただき、歴代首相経験者12人に「安倍首相に対する提言」を要請する、との計画を発表し、同日これを実行に移しました。その結果、期日までに複数の首相経験者から首相への「提言」が寄せられました。それらは、安倍首相が国民大多数の反対を無視して強引に進めている安全保障関連法案審議に対して、それぞれ独自の観点から問題を指摘し、廃案などを含めた傾聴すべき多様な提言を述べるものです。

 つきましては、下記の要領で記者会見を開催し、元首相方の安倍首相への「提言」を公表させていただきますので、ご多用とは存じますが、ぜひご出席を賜りたく、よろしくお取り計らいくださるよう、お願い申しあげます。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 01:43 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

【記者会見のお知らせ】マスコミOBによる歴代首相に対する「安倍首相への提言」要請記者会見のお知らせ=マスコミ9条の会、JCJ

2015.07.18
報 道 関 係  各位
マ ス コ ミ 九 条 の 会
日本ジャーナリスト会議(JCJ)


マスコミOBによる歴代首相に対する
「安倍首相への提言」要請記者会見のお知らせ


 先輩首相から現首相に一言あって然るべき時機が到来しました。私たちは、マスコミOB42名(7/18時点)の連名の下、歴代首相経験者に安倍首相への提言を要請する行動を起こすことにしました。
 安倍首相・自民党のマスコミに対する恫喝ともいうべき介入と懐柔は、報道の自由など民主主義の根幹を脅かし、安保法制などの決定過程も、唯我独尊の多数横暴に堕すに至っています。
 その姿勢に民主主義と平和の危機を感じるのは、ひとりマスコミOBだけでなく、広く政治家OBも危惧を覚えるのではないでしょうか。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 15:49 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

■06・13 『メディアは戦争に協力するのか!?』――前夜に問う役割と責任――『憲法とメディアを考える6月集会』=JCJ/MIC

日時:6月13日(土)13時半〜16時30分
会場:明治学院大学2号館地下2101教室(東京都港区白金台1−2−57)
参加費:1000円(学生、明治学院教職員は無料)
★基調講演:塚本三夫・中央大学名誉教授(JCJ賞選考委員)
★パネルディスカッション「いま、伝えなければならないこと――メディアの現場から」
<パネリスト>
 新崎盛吾・新聞労連委員長(共同通信)
 岩崎貞明・民放労連書記次長(メディア総研事務局長、元テレビ朝日)
 吉田典裕・出版労連副委員長(教科書対策部、開隆堂)
 コーディネーター・吉原功(JCJ代表委員・明治学院大学名誉教授)

(→続きを読む)
posted by JCJ at 06:08 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■06・04 「戦争する国」、ゴメンです。――九条の会東京2015

 九条の会東京が、小森陽一さん(東大教授)、小林節さん(慶應義塾大学名誉教授)、池田香代子さんなどをむかえ九条の会東京のつどいを開催します。俳優の宝田明さんもリレートークに加わります。ほかにバイオリン奏者の石井夕紀さんの演奏もあります。
日時:6月4日(木)18時開場、18時半開会
会場:なかのゼロ・大ホール(東京都中野区中野2−9−7)
 JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分
参加費:1500円(学生500円)
<主催>九条の会東京のつどい実行委員会
連絡先:TEL 03−3518−4866(九条の会東京連絡会)

(→続きを読む)
posted by JCJ at 05:00 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

【賛同署名要請】<緊急声明>「辺野古米軍基地建設に向けた埋立工事の即時中止を要請する!」への賛同を広げてください

 これ以上埋立工事を強行することは許されないと考える識者22名が、1日午後2時から参議院議員会館にて会見を行い、下記の声明を出しました。辺野古の埋立工事を即時中止するよう政府に求める内容です。この声明への賛同署名を開始しています。ぜひ拡散・取り組みをお願いします。


*下記、声明へのご賛同をお願いします。拡散してください。*
(賛同フォーム) ←クリックしてアクセスしてください。
第1次〆切 2015年4月20日、第2次〆切同年5月20日

(→続きを読む)
posted by JCJ at 19:41 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

【請願署名のお願い】集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を撤回し関連法律の改正等を行わないことを強く求める=日弁連

 日弁連が「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を撤回し関連法律の改正等を行わないことを強く求める」請願署名を進めています。いまも日本の近未来に向けても重大な問題であり、安倍政権の本質に直結しています。精力的な取り組みをお願いします。

 2014年7月1日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行いました。集団的自衛権の行使は、本来、憲法9条の下では許されないことです。当連合会(日本弁護士連合会)は、憲法の基本原理に関わるこのような重大な解釈変更を、閣議決定で行うことは、立憲主義に反し、憲法の存在意義を失わせると考えており、法律家団体として、立憲主義を堅持する立場から、この閣議決定を認めることはできません。
 ところが、政府は現在、この閣議決定を実施するための関連法律の改正案等を、2015年の通常国会に提出し、その成立を図ろうとしています。しかし、このような立法も、同様に憲法9条及び立憲主義に違反するものとして許されません。
 そこで、これらに反対し、立法を阻止するための取組の一環として、市民の皆様の声を広く集め、集団的自衛権等に関する立法を行わないことを求める請願署名運動の実施を企画しました。ぜひ、多くの皆様に御協力いただければと存じます。

署名用紙(PDF)をダウンロードして、氏名・住所を記入の上、必ず郵送でお送りください(FAX無効)。
締切:5月29日(金)/第三次

詳細 http://www.nichibenren.or.jp/news/year/2014/141215.html

posted by JCJ at 15:45 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■3・14 JCJ3月集会 「大震災から4年―復興は?原発は?」

日時:3月14日(土)午後1時半から 会場:専修大学神田キャンパス・1号館101教室 資料代:1000円(学生無料)
講師:河北新報社編集委員・寺島英弥さん「置き去りにされる現場は今−被災地リポート」
   共同通信社編集委員・太田昌克さん 「原発と日米核同盟―再稼働・輸出を急ぐ背景」
詳細 http://www.jcj.gr.jp/images/201503JCJ.pdf

posted by JCJ at 15:24 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

■12・06 「バッシング社会」の危うさ──言論の自由とメディアの役割(JCJ12月集会)

日時:12月6日(土)午後1時半から
会場:明治学院大学・本館2階1255教室
   東京都港区白金台1−2−37、地下鉄白金台駅から7分 地図 http://www.meijigakuin.ac.jp/access/index.html

テーマ:「バッシング社会」の危うさ──言論の自由とメディアの役割
講師:中西新太郎・横浜市立大学名誉教授=文化社会学・現代日本社会論
著書:『若者たちに何が起こっているのか』『〈生きづらさ〉の時代の保育哲学』『若者の気分 シャカイ系の想像力』ほか、共著:『ノンエリート青年の社会空間』、『キーワードで読む現代日本社会』ほか多数。
(→続きを読む)
posted by JCJ at 17:47 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

■10・06 「負けるな北星!の会」記者会見のお知らせ

日時:10月6日(月)午後2時
会場:(1)東京 衆議院第1議員会館・第6会議室
   (2)札幌 北海道庁記者クラブ
   なお、東京では後日、外国特派員協会での会見開催も予定しています。
   この件に関するお問い合わせは、以下のメール宛にお願い致します。
「負けるな北星!の会」 makerunakai@yahoo.co.jp 


(→続きを読む)
posted by JCJ at 11:16 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

■09・02 JCJ賞を受賞したTBS「報道特集」を見て、金平茂紀キャスターの話を聞く会

 TBSテレビ「報道特集」はこの1年、特定秘密保護法や集団的自衛権について、核心に迫る報道を積極的に展開し、2014年度JCJ賞を受賞しました。
 特に、集団的自衛権の行使を容認した場合に何が起こるのかを、具体的に分かりやすく伝えました。受け手の心に響く優れた報道番組がどのように制作されたのか、「報道特集」を見ながら、キャスターの金平茂紀さんの話を聞く会を下記の通り開催します。ぜひご参加ください。
日時:9月2日(火)午後6時開場 6時半開会
会場:岩波セミナールーム3F(地下鉄半蔵門線、都営新宿線・三田線、神保町下車)

(→続きを読む)
posted by JCJ at 10:22 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

■07・04 立憲デモクラシーの会「緊急シンポジウム」のお知らせ

<緊急シンポジウム>「集団的自衛権を問う−− 立憲主義と安全保障の観点から」
主催:立憲デモクラシーの会
日時:7月4日(金) 午後6時〜8時(5時半開場)
会場:学習院大学西5号館B1教室(JR目白駅から徒歩5分)
その他:入場無料。ただし先着順。予約は受け付けていません。
<プログラム>
[第1部] 司会:山口二郎(法政大学教授・政治学)
 基調講演:三谷太一郎(日本学士院会員・東京大学名誉教授・政治史)
 「なぜ日本に立憲主義が導入されたのか:その歴史的起源についての考察」
 コメント:加藤陽子(東京大学教授・歴史学)
[第2部] 司会: 中野晃一(上智大学教授・政治学)
 講演:前田哲男(軍事評論家)
 「集団的自衛権をめぐる国会論戦を振り返って」
 コメント:木村草太(首都大学東京准教授・憲法学)
<問い合わせ先>立憲デモクラシーの会事務局 constitutionaldemocracy2014@gmail.com

(→続きを読む)
posted by JCJ at 15:06 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

■06・19 安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会=マスコミ九条の会、JCJ ★会場が変わりました

日時:6月19日(木)午後6時30分〜9時(開場:午後6時)
新会場:文京区民センター3階・3a会議室
 <住所>文京区本郷3丁目15−14 <電話>03−3814−6731
 <最寄駅>都営地下鉄三田線「春日駅」。駅の真上がセンターです。
 ・東京メトロ丸の内線「後楽園駅」からもそう遠くありませんが、ここからの場合は、すぐそばの「文京シビックセンター」と間違えやすいので、ご注意ください。
 ・会場変更の急告チラシ=会場周辺地図が載っています。
 ・集会・シンポジウムの内容・進行等に変わりはありません。

講師:青木 理(ジャーナリスト、元共同通信記者)
   金子 勝(慶応義塾大学教授)
   三上智恵(前琉球朝日放送ニュースキャスター、「標的の村」映画監督)
コーディネーター
桂 敬一(マスコミ九条の会呼びかけ人、元東京大学教授)

◇会場変更告知チラシ◇
http://www.jcj.gr.jp/images/new20140619.jpg

posted by JCJ at 23:36 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

■06・14 国際ジャーナリストが見る安倍政権=JCJ6月集会

日時:6月14日(土)午後1時半〜4時半
会場:明治学院大学白金キャンパス2号館2階 2302教室
パネリスト:川村晃司、ジェイク・エーデルスタイン、金玄基
コーディネーター:明珍美紀

(→続きを読む)
posted by JCJ at 05:58 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■06・19 安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会=マスコミ九条の会、JCJ ★会場が変わりました

日時:6月19日(木)午後6時30分〜9時(開場:午後6時)
新会場:文京区民センター3階・3a会議室
 <住所>文京区本郷3丁目15−14 <電話>03−3814−6731
 <最寄駅>都営地下鉄三田線「春日駅」。駅の真上がセンターです。
 ・東京メトロ丸の内線「後楽園駅」からもそう遠くありませんが、ここからの場合は、すぐそばの「文京シビックセンター」と間違えやすいので、ご注意ください。
 ・会場変更の急告チラシ=会場周辺地図が載っています。
 ・なお、集会・シンポジウムの内容・進行等に変わりはありません。

講師:青木 理(ジャーナリスト、元共同通信記者)
   金子 勝(慶応義塾大学教授)
   三上智恵(前琉球朝日放送ニュースキャスター、「標的の村」映画監督)
コーディネーター
桂 敬一(マスコミ九条の会呼びかけ人、元東京大学教授)

(→続きを読む)
posted by JCJ at 05:37 | TrackBack(0) | お知らせ&行動要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする