2017年08月08日

≪緑陰図書─私のおすすめ≫ 岩真 千『「旅する蝶」のように ある原発離散家族の物語』原発の恐ろしさと沖縄の悲しみ─ふたつを背負って苦闘する家族の重い記録=鈴木耕(編集者)

 ウェブサイト「マガジン9」に連載のコラムを、書籍化した一冊。こうしてまとまり精読するにつれ、そのインパクトの強さに圧倒される。
 サブタイトルに「ある原発離散家族の物語」とあるように、福島原発事故の放射能汚染を避けようと、勤務地の宇都宮を離れ、沖縄に逃れた家族の物語だ。とにかく子どもを放射能から守りたいという一念。だが、著者は大学教員の仕事を継続するため妻子を残して勤務地へ戻り、一家は離散家族となる。
 そこからが切ない。沖縄には著者の母と義理の父(米人)が暮らしている。ともあれ、一家はそこへ身を寄せる。しかし、妻はなかなか沖縄の地になじめない。そこから生じる夫婦間の軋轢。読むのが辛くなる部分だ。

 私は、原発にこだわり本も書いた。沖縄を何度も訪ね沖縄本も上梓した。だから、原発の恐ろしさも沖縄の悲しみも、自分なりに受け止めているつもりだ。だがそれは、あくまで自分の選択。
 ところが著者は、原発事故により、そのふたつの切なさを、自己の責任とは関係なく背負わされることになってしまった。過酷な運命というしかない。

 宇都宮で、いつしか壊れていった人間関係。それを補えるほどの他人との関わりを、残念ながら沖縄では持つことができない。住まいというより、他者との関わりを失っていくことの疎外感。
 そこから必然的に生まれる夫婦関係の崩壊。間で苦しむ子どもへの愛惜。沖縄という米軍が居座る島の現実に怯む。ひとりの人間が背負うには重すぎる現実を、著者は必死に切り抜けようと、ひたすら記録する。
 本書は記録文学の輝かしい到達点だと思う。

(リベルタ出版1700円)
posted by JCJ at 10:03 | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

日本における米軍基地という存在=荒屋敷 宏

 安倍政権を揺るがす学校法人「森友学園」問題に火がついたのは、「フライデー」昨年12月23日号の「安倍昭恵首相夫人が名誉校長になる『愛国主義』小学校の理 念」のスクープが発端だった。その後首相夫人は「名誉校長」を辞任、当の小学校も認可申請を取り下げた。週刊誌の大手柄だ。
 もう一つ、気になる問題は、北朝鮮が3月7日、「在日米軍基地」を標的にしている軍部隊の存在を公然と明らかにしたこと。その後、関連は不明だが、安倍政権が 10日、南スーダンに派兵していた自衛隊の撤退を決定し、米国防総省が13日、米軍横田基地への特殊作戦型CV22オスプレイの配備延期を発表した。いずれも日米 両政府から十分な説明は何一つされていない。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 00:00 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

“国防知らずの稲田朋美”を防衛相に抜擢した安倍首相の理由――出版部会例会 『日本会議の全貌』の著者・俵氏が講演=守屋龍一

 9月16日に開催された例会は、「日本会議の闇」をテーマに関心が集まり、参加者100人を超え、床に座って聴く人も出るほどだった。俵義文(子どもと教科書全国ネット21事務局長)氏は、詳細なレジュメと資料を配布し、熱のこもった話をされた。その要旨は次の通り。

◆会員4万、支部250

 「日本会議」は1997年5月30日に発足。現在、会員約3万8千人、全国に249の支部がある。その中核は60年代後半〜70年代の右翼・民族派学生運動および新宗教「生長の家」の出身者が占め、いま事務局を担うのは椛島有三氏に率いられた日青協メンバー。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 08:52 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

不況直撃、小さな出版社の生き残り戦術=守屋龍一

 小さな出版社「本の泉社」を訪ねた。創業50年、社員5人。月刊誌「日本の科学者」をはじめ、八つの定期誌と書籍を刊行する。代表を務める喜寿の比留川洋さんと面談した。
 彼は、開口一番、「本を作り売る環境が破壊されています。電車内はスマホでゲームに夢中な人ばかり、9割がそうだ。しかも取次の倒産が相次ぐなか、取次大手は6カ月末シメの売上金のうち、30%分については、さらに6カ月後の支払いに繰り延べ。青息吐息の出版社に過酷な仕打ち。出版文化の重大な危機だ」と語る。
 2年前に文化庁が行った調査によれば、月に1冊も読書しない人が47・5%、1日の読書時間は全体平均で13分。出版の売り上げが、前年比マイナス845億円と、最大の落ち込みになるのも当然だ。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 03:00 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

厳しさ増す出版流通/取次会社の太洋社倒産/売上高落ち 取引書店廃業 新「大阪屋栗田」の役割は=清田義昭

 取次会社太洋社が3月15日に東京地方裁判所に破産申請をし破産開始が決定した。負債総額43億円とみられる。太洋社の経営が厳しいと言われてから数年になる。しかし経営の立て直しが進んでいたと思っていたが、2月5日に突然、自主廃業の文書がファックスで取引関係者に送付された。
 その内容は「書籍雑誌の供給継続のお願い」で、「今後の弊社事業の行く末を見据えると、いずれ自主廃業を想定せざるを得ないことから、万一にも取引書店に対する書籍雑誌の供給に不測の事態が生じないようにするため、取引書店が、これまでの取引を他の出版販売会社に帳合変更していただくことが最善である」と考えたうえでの措置として、出版社に商品の供給を要請していた。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 08:00 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

蔦屋家電と丸山書房─本を扱う姿勢=守屋龍一

 5月3日、東京・世田谷区の二子玉川に、家電と本を同じ空間で販売する「蔦屋家電」がオープンした。売場面積1階860坪、2階1312坪の大型店舗。さっそく見学に行ってきた。
 1階のブックストリートを歩くが、照明が暗く、何か洞窟に入っていくような気分になる。在庫冊数は約12万冊、林立する棚に並ぶ本はあっても、タイトルは読めず、何がどこにあるのか、さっぱりわからない。
 しかも、スターバックスが売場面積を、いやに大きく占める。パソコンやiPhoneのブースがあるかと思えば、自転車を売るコアもある。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 05:16 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

■10・10 JCJ出版部会例会<慰安婦問題と「朝日」バッシング>

 日中韓の外交にとって、「従軍慰安婦問題」への対処は、緊急な課題となっている。朝日新聞が、慰安婦の強制性を明かす吉田証言の誤りを認め、経緯を紙上で公表して以降、新聞・週刊誌を含め、メディアの「朝日」バッシングはとどまるところを知らない。<性奴隷としての慰安婦>は虚偽だったとの発言まで飛びだす。なぜ、何がそうさせているのか。
※講師に予定していた藤田博司さんが5日、急性心臓死のため亡くなられました。氏の生前のご活躍を偲んでご冥福をお祈りします。
 代わって青木理(ジャーナリスト)さんが、講師を務めます。誘い合わせご参加ください。

日時:10月10日(金)午後6時開場 6時半開会
会場:岩波セミナールーム3F(地下鉄半蔵門線、都営新宿線・三田線、神保町下車)
講師:青木理(ジャーナリスト)+篠田博之(「創」編集長)
会費:500円(JCJ会員・学生300円)
主催:日本ジャーナリスト会議 出版部会
案内チラシ(地図付)
*印刷用ファイルのため、開くまで時間がかかる場合があります。
問い合わせ先:日本ジャーナリスト会議(JCJ)
電話03−3291−6475

posted by JCJ at 13:41 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

本とアマゾンと消費税の問題を考える=守屋龍一

 原田マハ「砂に埋もれたル・コルビュジエ」という短編がある(『本をめぐる物語』角川文庫所収)。戦地の惨状や広島での原爆体験を語ってくれた父が認知症になった。ある日、家からいなくなり、捜しまわる娘が、やっと公園の砂場に佇む後姿を発見する。それは命よりも大切な一冊の本を掘りだすためだった。読めば、胸にズーンとくる。
 だが私たちの周りでは、公共図書館に所蔵されている『アンネの日記』やナチスのホロコーストに関する大切な本が、何者かの手によってビリビリに破られ、被害は39館・計306冊に上る事件が起きている。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 01:00 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

『本当の戦争の話をしよう』を読んで=守屋龍一

 高知新聞の高田昌幸さんが、7月号の〈’13緑陰図書─私のおすすめ〉で挙げた、ティム・オブライエン『本当の戦争の話をしよう』(村上春樹訳・文春文庫)を、さっそく読んだ。
 著者が1969年2月から14カ月、ベトナム戦争にアルファ中隊の歩兵として従軍した体験をもとに綴る22の物語で構成されている。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 00:00 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

活字の海を漂って(25)「新聞の広告欄を眺めながら」=鈴木 耕

  新聞はわりと熱心に読みます。
  記事だけではありません。日によっては、興味を惹かれる記事がとても少ないことあります。そんなとき、むしろおもしろいのは、広告です。私の場合、特に書籍や雑誌の広告には熱心に目を通します。
  「ほう、こんな本が出た。買いに行かなくちゃ」とか、「この週刊誌の特集は、どっかの書店で立ち読みしよう」とか、「これ欲しいけど、ちょっと高いな。文庫になるまで待つか」などなど、ブツブツ言いながら広告を眺めています。3冊ほど欲しい本がインプットされたころに、書店へ出かけます。

(続きを読む)
*JCJ出版部会「出版ろばの耳」(ブログ版)へ飛びます。
*「出版ろばの耳」(ブログ版)
http://jcj-shuppan.seesaa.net/

posted by JCJ at 10:03 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

活字の海を漂って(22)船戸与一の圧倒的力技=鈴木 耕

 あまり読者数が多いとはいえない当コラムだが、それでも時折、このコラムを読んでくれているらしい古い友人から、先日、 メールがあった。
 「いつも小難しいことばかり書いているけど、エンターテインメント系の本については触れないの? 本来、 そっちのほうが好きだったはずじゃないか、鈴木は…。理屈ばかりでは、読むほうも疲れるよ」
 うーん、実はそうなんだ。仕事柄、身に添わない本もたくさん読んできたけれど、 ほんとうは寝っ転がってミステリとか時代小説などを気楽に読んでいるほうが性にあっている。
 ま、JCJ出版部会のHPということで、少しはカッコつけなくちゃ、と思っていたことも事実なのだが。
 というわけで、今回は私の好きな小説について書く。
 作家は、船戸与一。

(続きを読む)
*JCJ出版部会のHPに飛びます。

posted by JCJ at 15:47 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

活字の海を漂って(19)辞書事典の危ない魅力=鈴木 耕

  私の机の上には、ブックエンドに挟まれて、たくさん(現在は13冊) の辞書類が並んでいます。机上のかなりの面積を、辞書類が占領しているのです。
 これらの分厚い辞書類とパソコン、プリンターで、机上はほぼ満員御礼状態です。(満員御礼といえば、朝青龍に感謝しなさいよ、 日本相撲協会と内館牧子さん! 関係ないけど)。
 机の横の本棚にも、辞書や事典、図鑑などの本のコーナーが1段以上あります。原稿を書くときに、 ひょいと手を伸ばして届く範囲ということです。

(続きを読む)
*JCJ出版部会のHPに飛びます。

posted by JCJ at 01:08 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

活字の海を漂って(18) さようなら、私の雑誌たちよ=鈴木 耕

愛着ある雑誌たちが消えていく

 いま私の机の上に、3冊の雑誌が置かれています。

『論座』2008年10月号(朝日新聞社)
『PLAYBOY日本版』2009年1月号(集英社)
『月刊現代』2009年1月号(講談社)

 この3誌の共通点は、ともに「最終号」であるということです。
『PLAYBOY日本版』と『月刊現代』は、2009年1月号となっていますが、発売日はともに2008年12月です。つまり、 この3誌は2008年に姿を消した雑誌なのです。
 この3誌ともに、私には愛着のある雑誌でした。1誌は自分が直接関わった雑誌として、あとの2誌は私の愛読誌であったことへの愛着です。

(続きを読む)

posted by JCJ at 00:13 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

活字の海を漂って(17)方言が抉り出す「お国」と「国家」―小説『ふたつの川』=鈴木 耕

 素晴らしき地方出版

  日本でいちばん短い会話の例として、よく挙げられるのがこれです。
 「どさ?」
 「ゆさ」

 津軽地方の方言で 「どこへ(行くの)?」
 「お風呂へ(行く)」という意味です。
 しかし、我が故郷の秋田地方では、もっと短い会話が成立しています(別に、短さ自慢をしているわけじゃありませんが)。
 「け」
 「く」
 もはやこうなると、他の地方の方々には判じ物の世界でしょうが、これで立派にコミュニケーションは成り立っているのです。「食べなさい」(食え)
「食べます」(食う)というわけです。

(続きを読む)

posted by JCJ at 10:12 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

活字の海を漂って (15) =鈴木 耕

――今回は、あるサイトの宣伝です。――

■小泉熱狂劇場への不安から

 2005年3月、ネット上に「マガジン9条」という小さなサイトが誕生しました。
 時まさに、小泉政権の絶頂期。ブッシュ大統領の対テロ戦争にどこの国よりも早く支持を表明、対テロ特措法、有事法制、イラクへの自衛隊派遣、国民保護法、靖国参拝、憲法調査会、国民投票法、さらには教育基本法改定と、息もつかせぬ小泉劇場。日本中にキナ臭いケムリをばら撒いたのが小泉純一郎首相でした。そして、その純ちゃんに熱狂し拍手する人々の多さは、圧倒的でした。
 しかし一方で、こんな小泉人気に危機感を持った人間たちもいたのです。

(続きを読む)

posted by JCJ at 19:21 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

活字の海を漂って (14)=鈴木 耕

―歴史小説の、最高の到達点『出星前夜』―

ようやく読み終えました。
『出星前夜』(飯嶋和一、小学館)です。
この本の帯に、こうあります。

<民を死に追いやる政事(まつりごと)の
 どこに正義があるというのか。>

 著者の飯嶋さんは、私の大好きな作家です。この人の本は、出版されれば必ず書店へ駆け込んで買い求めます。『出星前夜』は8月4日に初版発行ですから、まだ出たばかり。
いつもと同じ、少し派手だけれど重厚な表紙デザインに、なぜかホッとします。
(続きを読む)

posted by JCJ at 13:57 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

活字の海を漂って (13)=鈴木 耕

夏休みには、この本一冊あればいい。

分厚い本であります。

  全740ページ。厚さにして5センチ強。重さでいえば750グラム。別に、ステーキを食べようっていうんじゃありませんから、厚さや重さなどどうでもいいんですが、それにしても、ずっしりと胃に響きそうな本ではあります。
 これは、斎藤美奈子さんの『本の本書評集1994―2007』(筑摩書房、2008年3月10日初版発行、定価2800円+税)。タイトルどおり、彼女がこの間に読んだ本の評論を、ぎっしりと1冊に詰め込んだ、かなりキョーレツな、頭がフラフラ、めまいでクラクラするような本であります。
(続きを読む)

posted by JCJ at 19:02 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

【米国、北朝鮮「テロ支援国家」 指定の解除へ】 歴史の水脈を見失うな=梅田正己

 6月26日、ブッシュ米大統領は、北朝鮮が6カ国協議の合意にもとづき「核計画の申告書」を議長国の中国に提出したことを受け、1988年以来の「テロ支援国家」指定の解除を議会に通告すると発表した。 あわせて大統領は、北朝鮮に対する「対敵通商法」の適用も終了すると述べた。米国が朝鮮戦争以来、実に55年にわたって北朝鮮に加えてきた経済制裁が、ついに停止されたのである。
(続きを読む)

posted by JCJ at 11:43 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活字の海を漂って(12)=鈴木 耕

―写真集『ひろしま』について―

 このコラム、今回で12回目。月1回の連載ですので、いつの間にか1年が経ったわけです。時間の経過というものの不思議さを、しみじみ感じます。さて、「活字の海を漂って」というのが、この連載のタイトルです。タイトルどおり、毎回、なんらかの「活字にまつわる話」を書いてきたつもりです。でも、今回は少しタイトルとは中身が違うかもしれません。「活字」から離れて「写真」のことを書いてみたいと思うからです。

(続きを読む)

posted by JCJ at 11:29 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

活字の海を漂って(11)「超左翼」雑誌の出現!=鈴木 耕

この雑誌、いい根性してるゼっ!

 なんといっても、この雑誌のタイトルの左上に小さく書かれた謳い文句に、私はシビレてしまったのです。
 それがまあ、<超左翼マガジン>というのだから、感電1万ボルトです。本気でビリビリきました。
 なにしろ、カタカナで「サヨク」じゃなくて、漢字で「左翼」ですよ。いまどき、マジで左翼をやろう、というのだから、ホント、いい根性してるじゃないかっ、なのです。それがこの雑誌、『ロスジェネ』です。

(続きを読む)

posted by JCJ at 11:50 | TrackBack(0) | 出版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする