2016年06月09日

5・3集会に2万人 大阪・扇町公園を埋める=西田和憲

 昨年、全国的に燃え上がった戦争法廃案闘争は、大阪でも7月の1万人集会と8月の3万人集会を節目に、かつてない広がりを見せた。残念ながら法案は9月19日強行成立したが、「戦争法廃止!2000万人統一署名」行動に引き継がれ、毎月19日の?総がかり”行動を節目に地域で、街頭で、駅頭で署名・宣伝行動を積み上げてきた。
 その結節点になったのが5月3日、大阪市北区の扇町公園で開かれた「憲法こわすな! 戦争法を廃止へ! 5・3おおさか総がかり集会」だった。この日までに大阪で集まった署名は150万人分。全国の1割以上を占めた。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 03:00 | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

マスコミは何をすべきか 安倍改憲内閣とどう対峙 マスコミ9条の会大阪がシンポ

 マスコミ9条の会大阪が主催し、日本ジャーナリスト会議関西支部と自由ジャーナリストクラブが協賛したシンポジウム「安倍改憲内閣とマスコミの役割」が3月8日午後、大阪市内で行われた。特定秘密保護法案の強行や集団的自衛権問題、さらにはNHK会長・経営委員の暴言など憲法とジャーナリズムに関わる重大問題が相次いでいるだけにタイムリーなシンポとなった。
 冒頭、マスコミ9条の会大阪の呼びかけ人の一人、元毎日放送取締役編成局主幹の辻一郎さんが「第2次大戦後、いまほど怖い時代はない。マスコミが言うべきことを言っていないのが問題だと思う。このシンポを通じてマスコミは何をすべきかをともに考えていきたい」と主催者挨拶した。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 04:00 | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

京都ジャーナリスト9条の会が講演会開催 「参院選をメディアはどう伝えたか」=隅井孝雄

 京都ジャーナリスト9条の会は7月30日「参議院選挙をメディアはどう伝えたか、選挙報道の総括と、選挙後の政治の動向を占う」を、京都市中京区の「ウイングス」京都で開催した。
 講師は日比野敏陽新聞労連委員長(京都新聞出身)と政井孝道元朝日新聞論説委員。二人の講演の後、参加者と講師の間で活発な意見が交わされた。司会は隅井孝雄(京都ノートルダム女子大客員教授)。

(→続きを読む)
posted by JCJ at 02:00 | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする